七つの大罪(漫画)全巻を1番安く読む方法|単行本が安い電子書籍サービスも

人気漫画「七つの大罪」の全巻を1番安く読む方法単行本が安い電子書籍サービスがどこなのか、お伝えいたします。

・全巻を1番安く読みたい!
・今すぐ、一気読みしたい!
・試し読みして、続きも読んでみたい!
そんな方のために、1番安い電子書籍サービスをまとめました。
結論
「七つの大罪」
を1番安く読むなら
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

▲ 今なら70%OFFで読める! ▲
 
今なら、初回登録時にもらえる
70%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

七つの大罪全巻を1番安く読める電子書籍サービスはどこ?

オススメ度 内容
ebookjapan 6回使える70%OFFクーポンで、お得に読める。世界最大級の電子書店で安心
コミックシーモア 初回70%OFFクーポンあり。女性向けの漫画が強い
Amebaマンガ 100冊40%OFFクーポン500円OFFクーポンがもらえる
まんが王国 毎日最大50%ポイントが還元される
DMMブックス 70%OFFクーポンがもらえる
U-NEXT 初回登録で、1冊無料で読める
コミック.jp 初回登録で、2冊無料で読める

 
Amazonや書店で購入すると、定価になりますが、これらの特典を利用すれば、漫画「七つの大罪」は1番オトクに読めちゃいます!
 
中でもebookjapanは、使いやすくて、オトク!
 
初回登録でもらえる70%OFFクーポンがあるので、「七つの大罪」をかなりオトクに読むことができます!

▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

▲ 今なら70%OFFで読める! ▲
 
今なら、初回登録時にもらえる
70%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

七つの大罪全巻をお得に安く読む方法

 ebookjapan


 
ebookjapanは、月額料金は一切かからず、本を買うごとにお金を払うサービスです。
 
ebookjapanでは、初回登録で、6枚の70%OFFクーポンがもらえます!
 
有効期限は60日間で、1回のお買い物で、最大500円まで割引できます。
 
1番オトクに利用するなら、1回のお買い物で、漫画2冊を購入するのがオススメ

クーポン使用例
クーポンなし 70%OFFクーポン
473円(税込)×1冊
473円
142円
(331円の割引)
473円(税込)×2冊
946円
284円
(662円の割引)
473円(税込)×3冊
1419円
426円
(993円の割引)
473円(税込)×4冊
1892円
568円
(1324円の割引)
ebookjapanは、世界最大級の電子書店と言われており、漫画の配信数が圧倒的に多く、30万冊以上も配信しております。
 
他の電子書籍サービスで扱っていない漫画でも、ebookjapanでは扱っているということがよくあります。
 
特集された漫画は無料で読めたり、90%引きなどもあるので、かなりお得に読むことができるので、コスパ最強の電子書籍サービスです。
 
ネットで漫画を読みたいとき、迷った場合は、ebookjapanを選べば間違いないです!
 
▼ 今なら70%OFFクーポンもらえる! ▼

 Amebaマンガ


 
Amebaマンガでは、無料登録すると、漫画100冊まで使える40%OFFクーポンがもらえます!
 
Amebaマンガのすべての漫画が対象となるクーポンなので、なんと最新巻にも使えちゃうんです!


有効期限は登録後72時間以内なので、注意が必要です。
 
また、LINEに登録すると、毎週、10%OFFクーポンがもらえるキャンペーンも実施中です。
 

 
大量のマンガをまとめ買いしたいという方にとって、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ 100冊までなら40%OFF! ▼

 コミックシーモア


 
コミックシーモアでは、無料登録すると、70%OFFクーポンがもらえます!
 


また、月額登録を行うと、後日、月額料金が全額還元され、実質無料で利用することができます。
 
コミックシーモアは、先行配信があっていち早く読めるし、テレビCMでもおなじみで安心で、1番オトクなので、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ 最大20000ポイントで実質無料 ▼

 まんが王国


 
まんが王国では、毎日最大50%のポイント還元が行われています。
 
ポイント購入で最大30%のポイント還元があり、ポイントの使用でも最大20%のポイント還元があるので、合わせて最大50%のポイント還元があってお得!
 

 
コミックが中心で11万冊以上の取り扱いがあるので、コミックをお得に読みたいという方にとって、オススメの電子書籍サービスです。
 

▼ 毎日最大50%還元! ▼

 DMMブックス


 
DMMブックスでは、初回購入の方限定で、70%OFFクーポンがもらえます!
 
割引の上限金額は3000円ですが、1回のお買い物で、最大3000円まで割引できます。
 

 
他の電子書籍サービスと同じで登録は無料なので、他の電子書籍サービスと合わせて、初回70%OFFクーポンを使ってみると、かなりお得に利用できます
 

▼ 初回70%OFFクーポンもらえる! ▼

 U-NEXT


 
U-NEXTは、無料登録すると、600ポイントがもらえ、漫画1冊が無料で読むことができます!
 
漫画を購入すると、最大で40%のポイントが還元されます。
 
また、U-NEXTは、漫画などの電子書籍だけでなく、アニメ、ドラマ、映画など21万本以上の動画を見放題で視聴することができます。
 
マンガだけでなく、アニメ、ドラマ、映画などの動画も楽しみたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 

▼ マンガ1冊無料で読める! ▼

 コミック.jp


 
コミック.jpでは、30日間の無料体験ができる「コミック.jp 1000コース」にお試し登録すると、1350円分のポイントがもらえます!
 
このポイントを使えば、漫画2冊が無料で読むことができます。
 
30日間の無料体験後の月額プランはこのようになっています。

コース名 月額料金(税込) 付与ポイント
500コース 550円 650円分
1000コース 1,100円 1,350円分
2000コース 2,200円 2,700円分

お試し登録で2冊のマンガを無料で読むことができるので、まずは、お試ししてみてはどうでしょうか?
 

▼ マンガ2冊無料で読める! ▼

七つの大罪の概要

作品名 七つの大罪
作者 鈴木央
出版社 講談社
掲載誌 週刊少年マガジン
ジャンル 少年マンガ
公式サイト https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/168093/

 あらすじ

痛快無比のヒロイック・ファンタジー、開幕!!
 
かつて王国転覆をはかったとされる伝説の逆賊〈七つの大罪〉。今もなお執拗に、そのお尋ね者を追うは、王国の要・一騎当千の聖騎士たち。しかし、切なる想いを胸に秘め、〈七つの大罪〉を捜す一人の少女が現れた時、世界の様相を一変させるとびきりの冒険が始まった!痛快無比のヒロイック・ファンタジー、開幕!!
 
引用元:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/168093/

 感想

30代男性

「七つの大罪」という漫画は、とても面白かったです。この漫画は、神話をモチーフにしたファンタジー作品です。ストーリーは、魔神族が人間界を襲うことを阻止するために、人間界から選ばれた七人の勇者が、魔神族と戦うというものです。その七人の勇者の中には、魔神族の血を引く者もいれば、人間である者もいます。そして、それぞれが、自分たちが持つ能力を使い、魔神族と戦うことになります。その中でも、特に目を引くのが、憎しみを感じることができないという点で、特殊な能力を持つ女性の勇者です。彼女は、魔神族との決戦で、自分たちを守るために、自分を追い込んでしまうこともあるのですが、その一方で、彼女は、自分たちを救うために、魔神族を憎むこともできません。また、この漫画では、七人の勇者たちの間でも、様々な関係が描かれています。その中でも、特に注目すべきは、七人の勇者の中で、最も強い者である男性の勇者と、最も弱い者である女性の勇者の間にある関係です。彼らの間には、強い信頼関係がありますが、その一方で、彼らの間には、様々なトラブルも生じています。この漫画は、とても面白いです。ストーリー展開も、キャラクターも、とても魅力的で、読んでいて飽きることがありませんでした。また、この漫画では、人間同士、そして人間と魔神族の間にある、信頼や感情、そして友情など、様々なテーマが描かれています。素敵な漫画でした。
他の感想はこちら

20代男性

アニメを見て気に入って読み始めてはまりました。最初、急にエリザベスに助けを求められて何にも躊躇せずに助けるメリオダスにいまいち感情移入が出来ませんでした。しかし、それもまさかご都合主義ではなく伏線だったと知ったときは感心しました。そりゃ、前世レベルからの付き合いだったら何も考えずに助けるよねと。話自体もテンポが良くて読みやすいと思いました。個人的に一番好きなキャラクターはエスカノールです。作中でも屈指の強力なキャラクターであり時間制限があるものの要所要所で決めてくれるその姿は頼りになります。初登場時はまさかあんなヒョロイマスターだとは思わず、驚きました。しかし、全員が苦戦していたガランを一瞬でねじ伏せる姿は圧巻の一言でした。いまだに、この作品の一番の名シーンだと思います。また、みんな神器がパワーアップさせるものなのにエスカノールだけ強すぎるパワーをためておくためというのは中二病心をくすぐられます。そんな、最強のエスカノールですがマーリンにべた惚れであり袖にされるシーンはいつかハッピーエンドになってほしいと思っていました。ある意味思いはつたわったのかもしれませんが、いまだに、あれの続きを期待せずにはいられません。

30代男性

団長であるメリオダスをはじめとした7つの大罪の7人がそれぞれ個性的で見ごたえがありました。それ以外にもたくさんのキャラクターが出てきますがキャラクター設定がしっかりとしていて面白いです。個人的にエスカノールが大好きで普通のおじさんに見えて太陽の出ている時に能力を発揮するとめちゃくちゃ強くなるというキャラクター設定がギャップがありすぎてとてもよかったです。普段は弱々しい感じなのに性格まで男らしくなるところがとても良いです。敵キャラクターもとても強くてバトルシーンは、ハラハラしました。主人公のメリオダスは、最強ですがところどころ敵キャラクターに苦戦しているので見ごたえがあります。バトル漫画ですが恋愛要素もところどころ含んでいるのでそこも楽しみながら見ることができました。メリオダスとエリザベス、バンとエレインなど恋愛のストーリーも楽しめる漫画です。バトル描写の臨場感がとてもあって敵キャラクターの能力もさまざまなので緊張感がありました。メリオダス以外のキャラクターのバトルシーンもしっかりと描かれていてキャラクター同士の因縁などもあって感情移入しながらバトルシーンを見ることができるところが見どころです。

40代男性

この漫画の面白いところはやはり少年漫画として、各キャラクターの強さを上手く引き出したり個性を際立たせているところかなと思います。初期のメリオダスやバンはあんまりでしたが、メリオダスは魔族の王としての力を少しずつ覚醒させていきキングは最初から強い描写が多かったですがきちんと成長を描いていき最後に妖精王として花開いた印象ですごく好きな展開です。特にキングの強さは一番最後は数値化されませんでしたが、どれくらいだったのか気になります。出来れば原初の魔神をも圧倒的に上回る強さだとワクワクしますが。その一方でバンは不死身なだけで周りの大罪の強さがレベルアップしていくのに対し置いてきぼりなのがずっと気になってました。しかしそれが煉獄の世界に行きとんでもない強さに急激に成長したのがとても良かったですね。敵側も十戒の描き方がうまくて、七つの大罪との対比をしながらキャラクター付けして良かったなと思います。最初に登場したときにはこれはこの漫画の強さの上限値に限りなく近いだろと思って絶望感が凄かったですが、エスカノールがめちゃくちゃな強さを発揮していってそれを見事打ち砕いてくれました。そこから他のメンバー達にもまだまだ成長の余地がある描き方をしていて、まず最初に最強の人物を出すという持っていきかたが良かったです。バトルファンタジー漫画として大成功でしょう。

40代男性

七つの大罪を最初に漫画を読み始めたときに感じたのは漫画家さんが古参の絵柄で短編の作品になってしまうか心配していました。しかし予想を反して内容が非常に面白く大作になりました。キャラクターとしてはメリオダスを筆頭にバン、キングが大好きです。女性キャラも魅力的でエリザベス、マーリンが好きです。異世界ものですが、地球からの転生でないことに共感を覚えました。最近の異世界転生ものは食傷気味です。転生については、七つの大罪ないでメリオダスとエリザベスが繰り返して行い、愛と悲しみの内容であったことに涙しました。単純な俺つえー的な子供向けの漫画ではなくしっかりとした、物語の背景がありよめば読むほど引き込まれます。七つの大罪のメンバー以外にもキャラがたったキャラクターが多く物語を引き立てています。十戒については明確な適役として登場しましたが、みんな個性があり、実はいい奴らだと言うことが、読み進めるとわかってきます。十戒との最初のからみは絶望感が酷く悲しい気持ちになりましたが、十戒の一部と和解共闘が非常に熱い展開です。アニメについてもアニメーションとBGMが素晴らしく漫画に、負けず劣らず素晴らしかったです。

30代男性

七つの大罪は人間の持つ「傲慢、強欲、嫉妬、憤怒、色欲、暴食、怠惰」を擬人化した人物が活躍します。物語はONE PIECE(ワンピース)みたいに冒険系で途中戦闘や仲間の加入があり敵味方問わず多数の人物(人間の他にも様々な種族)が登場します。そして特に恋愛要素も強調されています。主人公は七つの大罪の一人メリオダス<憤怒の罪(ドラゴン・シン)>でヒロインはリオネス王国第3王女のエリザベスです。この二人のやり取りがとにかくエリザベスにメリオダスに頻繁にセクハラ行為をされますが、恥ずかしがっても嫌がる様子もないのでこのセクハラ行為も半ば漫才みたいなもので見所の一つとなっていて面白いです。メリオダスに好意を抱いている為にそのセクハラ行為に嫉妬する同じく七つの大罪の一人で巨人族の少女のディアンヌ〈嫉妬の罪(サーペント・シン)〉のやり取りなど物語序盤~中盤はお笑い要素ありでギャグ漫画みたいな感覚で読めます。しかし物語中盤以降は七つの大罪のライバル的な存在でもある十戒の登場もあってシリアスな話になり戦闘描写が増えます。そして終盤には様々な勢力が入り乱れた戦いとなり先行きが気になり目が離せません。そしてもう一つの見所でもある恋愛に関しても決着が付いていきます。特に登場人物の一人のジェリコは七つの大罪の一人のバン〈強欲の罪(フォックス・シン)〉に惚れて(片想いして)います。しかしバンには既にエレインという妖精族の少女がいて、それも互いに好意を抱いて(両想いして)います。バン×エレイン×ジェリコの三角関係なのですがジェリコが二人の間に割って入るのは不可能な状態なのですがそれでも十戒の追撃から逃れる際には二人の為に身を挺してまで二人を助けようとするジェリコには感動します。主要人物以外にも敵味方を問わずに様々な種族の人物が登場するので自分のお気に入りのキャラクターの結末も読んでいてとても気になります。

七つの大罪を1番安く読むならebookjapan

 
七つの大罪の全巻を最安値で読む電子書籍サービスについて、お伝えしてきました。
 
「七つの大罪」を読むなら、オススメは、「ebookjapan」です。
 
世界最大級の電子書店で安心だし、何より、読みたい漫画が全部揃っています。また、キャンペーン中なので、初回登録で、70%OFFクーポンがもらえちゃいます!
 
キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので、ご注意ください
 
オトクに利用するなら、今がチャンスなので、今すぐ利用してみてください。

結論
七つの大罪を読むなら
オススメは
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

▲ 今なら70%OFFで読める! ▲
 
今なら、初回登録時にもらえる
70%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます