NARUTO(漫画)全巻を1番安く読む方法|単行本が安い電子書籍サービスも

人気漫画「NARUTO」の全巻を1番安く読む方法単行本が安い電子書籍サービスがどこなのか、お伝えいたします。

・全巻を1番安く読みたい!
・今すぐ、一気読みしたい!
・試し読みして、続きも読んでみたい!
そんな方のために、1番安い電子書籍サービスをまとめました。
結論
「NARUTO」
を1番安く読むなら
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

▲ 今なら70%OFFで読める! ▲
 
今なら、初回登録時にもらえる
70%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

NARUTO全巻を1番安く読める電子書籍サービスはどこ?

オススメ度 内容
ebookjapan 6回使える70%OFFクーポンで、お得に読める。世界最大級の電子書店で安心
コミックシーモア 初回70%OFFクーポンあり。女性向けの漫画が強い
Amebaマンガ 100冊40%OFFクーポン500円OFFクーポンがもらえる
まんが王国 毎日最大50%ポイントが還元される
DMMブックス 70%OFFクーポンがもらえる
U-NEXT 初回登録で、1冊無料で読める
コミック.jp 初回登録で、2冊無料で読める

 
Amazonや書店で購入すると、定価になりますが、これらの特典を利用すれば、漫画「NARUTO」は1番オトクに読めちゃいます!
 
中でもebookjapanは、使いやすくて、オトク!
 
初回登録でもらえる70%OFFクーポンがあるので、「NARUTO」をかなりオトクに読むことができます!

▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

▲ 今なら70%OFFで読める! ▲
 
今なら、初回登録時にもらえる
70%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

NARUTO全巻をお得に安く読む方法

 ebookjapan


 
ebookjapanは、月額料金は一切かからず、本を買うごとにお金を払うサービスです。
 
ebookjapanでは、初回登録で、6枚の70%OFFクーポンがもらえます!
 
有効期限は60日間で、1回のお買い物で、最大500円まで割引できます。
 
1番オトクに利用するなら、1回のお買い物で、漫画2冊を購入するのがオススメ

クーポン使用例
クーポンなし 70%OFFクーポン
473円(税込)×1冊
473円
142円
(331円の割引)
473円(税込)×2冊
946円
284円
(662円の割引)
473円(税込)×3冊
1419円
426円
(993円の割引)
473円(税込)×4冊
1892円
568円
(1324円の割引)
ebookjapanは、世界最大級の電子書店と言われており、漫画の配信数が圧倒的に多く、30万冊以上も配信しております。
 
他の電子書籍サービスで扱っていない漫画でも、ebookjapanでは扱っているということがよくあります。
 
特集された漫画は無料で読めたり、90%引きなどもあるので、かなりお得に読むことができるので、コスパ最強の電子書籍サービスです。
 
ネットで漫画を読みたいとき、迷った場合は、ebookjapanを選べば間違いないです!
 
▼ 今なら70%OFFクーポンもらえる! ▼

 Amebaマンガ


 
Amebaマンガでは、無料登録すると、漫画100冊まで使える40%OFFクーポンがもらえます!
 
Amebaマンガのすべての漫画が対象となるクーポンなので、なんと最新巻にも使えちゃうんです!


有効期限は登録後72時間以内なので、注意が必要です。
 
また、LINEに登録すると、毎週、10%OFFクーポンがもらえるキャンペーンも実施中です。
 

 
大量のマンガをまとめ買いしたいという方にとって、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ 100冊までなら40%OFF! ▼

 コミックシーモア


 
コミックシーモアでは、無料登録すると、70%OFFクーポンがもらえます!
 


また、月額登録を行うと、後日、月額料金が全額還元され、実質無料で利用することができます。
 
コミックシーモアは、先行配信があっていち早く読めるし、テレビCMでもおなじみで安心で、1番オトクなので、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ 最大20000ポイントで実質無料 ▼

 DMMブックス


 
DMMブックスでは、初回購入の方限定で、70%OFFクーポンがもらえます!
 
割引の上限金額は3000円ですが、1回のお買い物で、最大3000円まで割引できます。
 

 
他の電子書籍サービスと同じで登録は無料なので、他の電子書籍サービスと合わせて、初回70%OFFクーポンを使ってみると、かなりお得に利用できます
 

▼ 初回70%OFFクーポンもらえる! ▼

NARUTOの概要

作品名 NARUTO
作者 岸本斉史
出版社 集英社
掲載誌 週刊少年ジャンプ
ジャンル 少年マンガ
公式サイト https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/145353/

 あらすじ

ナルトには出生の秘密が…!?
 
ここは木ノ葉隠れの里。忍術学校の問題児、ナルトは今日もイタズラ三昧!!そんなナルトのでっかい夢は歴代の勇者、火影の名を受けついで、先代を越える忍者になることだ。だがナルトには出生の秘密が…!?
 
引用元:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/145353/

 感想

20代女性

こんなにもハラハラドキドキさせられる作品はこれまでのジャンプ作品にもなかったのではないかと思うほどの面白さで、それぞれの個性豊かなキャラクター設定も抜群によかったです。キャラクター同士のライバル関係などもうまく描かれており、仲間思いな主人公の存在、主人公を信頼する仲間の行動、全てにおいて心惹かれました。バトルシーンもなかなか激しく迫力満点に描かれており、ワクワクさせられます。主人公は一見天真爛漫なだけの性格に思えて、実は過去に色々なことを抱えており悲しみや孤独感をもよく知っているからこそ、各々のシーンにおいて興味深いセリフを挟んでいたり、予想外な行動をしてくれるのだと思いました。個人的にはサスケの存在がかなり好きで、ミステリアスな雰囲気を持ちつつ主人公といい関係性を築いているという点でとても好感を持てました。全体的に巻数も多く長いストーリーではありますが、それだけ読み応えがあるので飽きることも全くありません。登場人物の成長、友情、愛情、憎しみ、さまざまな要素の詰まった作品になっているので、バトル系を普段あまり読まないという人にも深みあって興味深く感じられること間違いなしなのでとてもおすすめしたいです。
他の感想はこちら

30代男性

このナルトと言う作品なんですが自分が唯一少年ジャンプで連載当時から読んでいた漫画作品なので非常に思い入れが強い作品でもあります。火影を目指している忍者見習いの男の子が成長していく物語なんですが、そのエピソードの最中にはいろいろな展開が用意されているので本当に泣けて笑えて飽きる事はありませんね。ナルトがサスケやサクラと一緒に忍者修行に励んでいる姿を見ているとすごく応援したい気持ちがふつふつと湧いてくるのを感じます。ナルトのライバルは誰がなんと言おうとサスケであることは間違いないんですが2人ともお互いのことをある程度認めていて高め合っているので本当に理想的な関係だと言うふうに感じました。そして、個人的に1番いいなと思っているのがナルトの必殺技ですね。螺旋丸と言う超強力な技があるあるのですが、その技を放つときのナルトの動作がいちいちかっこいいのが最高です。見た目は完全に忍空と言う作品の技にクリソツなんですが、そこがまたオマージュと言っていい位洗練されグレードアップしているので必見ですね。かなりの長編作品ではあるのですがテンポ感がすごく良い作品なのでストレスなく読み進められるのもいいところですね。海外で爆発的に人気になっていると言う理由もうなずける位、忍者のことを深掘りしているので、忍者漫画の中では最高傑作だと言うふうに自分は感じています。

40代女性

NARUTOの世界観はすごいと思います。九尾が封印されたNARUTO、幼少期からひとりぼっちでその中で九尾とアカデミーで出会った仲間たちと成長していく姿。出でくる一人一人のキャラの個性や技の種類、その人の重要性がストーリーを見ていく中でどんどんハマっていってしまうひとつでした。笑いあり涙あり感動ありで楽しく見れた漫画のひとつです。特にナルトとサスケの関係性や遠回りしたけどまた友達に戻れた瞬間はよかったですがイタチが死んだのはかなり悲しかった。重要キャラの役割がちゃんとされてる作品だと思います。最後は世界破滅になるかと思ってかなり食いついてみてしまいましたがまさか両家の過去からの因縁とかぐやのチャクラのみの野望によって。。。とは思いませんでしたがかなりの重要キャラがなくなってしまってそれでもナルトを信じてたたかうすがたはかっこよかったひ感動しました。以後作別作のボルトも少し見ていますがやはりNARUTOは最高の漫画アニメです。実際に四国にある一楽には一度行ってみたいと思います。最後の戦いは何度観てもナルトとサスケがかっこよくてうでが無くなる程たたかえる2人の友情にはこころうたれました。また最初から見返してみたい作品です

20代男性

うずまきナルトという少年が火影という里の長になるまでの物語なのですがナルトという少年は内に九尾という化け物を体の中に封印されていて里の人たちからは嫌われているというところからスタートします嫌われているナルトですが徐々に成長していき仲間達や先生たちからも信頼されていき力もつけていきます言ったことは絶対曲げねぇそれが俺の忍道だの言葉の通り火影への道を順調に進んでいきますライバルのサスケ第一部では一番信頼できる仲間だったのですが一部終盤で里を抜けますそこのナルト対サスケの戦いが中々泣ける内容でなぜ殺し合わなきゃいけないのかと思うと悲しくなります2部に入りナルトや仲間達も成長して強くなります2部では九尾の力の扱い方に焦点が当てられそこで培う九尾との絆みたいなのも熱いです火影への道として里を崩壊させたペインというのがいるのですが崩壊直前でナルトが助けに来たところあそこは火影への道を一気に駆け上がるきっかけになったのかなと思います最後にまたサスケとの決戦があるのですがそこもまた一部の決戦とは違った立場でまた泣けます一部のサスケ対ナルトのオマージュなんかもあったりしてお互い強くもなってますし大迫力の戦闘でした

40代男性

能力ものの最高峰と言いますか、忍術という形で様々な能力が出てきて多彩な戦闘シーンが魅力的でした。そして主人公であるうずまきナルトが最初、何も持たないただの下忍だったのが成長するにつれて強くなっていく過程を見るのが面白かったです。ただ、フタを開ければナルトは血統が超優秀で非常に恵まれた家系の中で能力を得ていたと言うのが少しだけ残念でしたが本人の努力でそれを開花させてきたと言うところが感動を覚えますね。当初、両親がいない環境で幼い頃から育ってきたというのが傍から見てる分には想像できないくらい辛いものだったと思います。そんな寂しさを跳ね除けて腐らずに、ただ真っ直ぐに強くなろうとした所がナルトの本質的に一番強く素晴らしい部分だったと感じますね。カカシやイルカなど素晴らしい師に恵まれたというのが非常に大きいと思いますが、本当の強さを持ったナルトに尊敬の念を覚えます。敵の脅威だけでなく、身内からも徹底的に蔑まれてきたナルトの辛さはいかほどのものだったでしょう。人として何を大切にしなきゃいけないかを学んだ漫画だったと思います。表面的なものにとらわれず、自分の忍道に生きたナルトの様に強くなりたいと思わされた作品でした。

30代男性

忍術が得意ではなかったナルトが優秀なサスケと切磋琢磨しながら成長していく…なんだか少年漫画にありがちな展開の漫画だな〜というのが読み始めた時の感想でした。しかし読み進めていくと思った以上に奥が深いことに気が付きました。優秀なサスケにはサスケの葛藤があり、天真爛漫に見えるナルトも九尾を宿す苦悩を抱えている。敵対する残忍な忍たちは戦いの末にナルトも同じような悩みを抱えていることを知り、そして共に苦難を乗り越える友となるというキャラクターそれぞれが成長していく姿は読んでいて胸が熱くなりました。ただし葛藤の末が全て幸せな結末を迎えるわけではなく、愛着が湧いたキャラクターが死んでしまうのは寂しい思いもしました。そのキャラクターたちの最後のセリフは読み返す度に涙腺が緩くなってしまいます。「NARUTO」を最後まで読んでみると、一貫しているストーリーは「苦悩の乗り越え方」にあるような気がしました。サスケは葛藤を乗り越える道を関係の断絶という孤立に見出し、一方のナルトは人とのつながりを大切にして苦悩を乗り越えていきます。人との断絶と繋がりという対象的な道を歩んだ二人が遂に分かり合えて一生の親友となれたシーンには清々しさがあり、この漫画に出会えて良かったと思えました。

NARUTOを1番安く読むならebookjapan

 
NARUTOの全巻を最安値で読む電子書籍サービスについて、お伝えしてきました。
 
「NARUTO」を読むなら、オススメは、「ebookjapan」です。
 
世界最大級の電子書店で安心だし、何より、読みたい漫画が全部揃っています。また、キャンペーン中なので、初回登録で、70%OFFクーポンがもらえちゃいます!
 
キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので、ご注意ください
 
オトクに利用するなら、今がチャンスなので、今すぐ利用してみてください。

結論
NARUTOを読むなら
オススメは
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

▲ 今なら70%OFFで読める! ▲
 
今なら、初回登録時にもらえる
70%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます