忍者に結婚は難しい(原作)全巻を1番安く読む方法|単行本が安い電子書籍サービスも

原作小説「忍者に結婚は難しい」の全巻を1番安く読む方法単行本が安い電子書籍サービスがどこなのか、お伝えいたします。

・全巻を1番安く読みたい!
・今すぐ、一気読みしたい!
・試し読みして、続きも読んでみたい!
そんな方のために、1番安い電子書籍サービスをまとめました。
結論
「忍者に結婚は難しい」
を1番安く読むなら
「Amebaマンガ」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
100冊まで使える
40%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

忍者に結婚は難しい全巻を1番安く読める電子書籍サービスはどこ?

オススメ度 内容
Amebaマンガ 100冊まで使える40%OFFクーポンがもらえるので、全巻を買う方は1番オトク!
ebookjapan 6回使える70%OFFクーポンで、お得に読める。世界最大級の電子書店で安心
コミックシーモア 初回70%OFFクーポンあり。女性向けの漫画が強い
まんが王国 毎日最大50%ポイントが還元される
DMMブックス 70%OFFクーポンがもらえる
U-NEXT 初回登録で、1冊無料で読める
コミック.jp 初回登録で、2冊無料で読める

 
Amazonや書店で購入すると、定価になりますが、これらの特典を利用すれば、原作小説「忍者に結婚は難しい」は1番オトクに読めちゃいます!
 
中でもAmebaマンガは、使いやすくて、オトク!
 
初回登録でもらえる100冊まで使える40%OFFクーポンがあるので、「忍者に結婚は難しい」をかなりオトクに読むことができます!

▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
100冊まで使える
40%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

忍者に結婚は難しい全巻をお得に安く読む方法

 Amebaマンガ


 
Amebaマンガでは、無料登録すると、漫画100冊まで使える40%OFFクーポンがもらえます!
 
Amebaマンガのすべての漫画が対象となるクーポンなので、なんと最新巻にも使えちゃうんです!


有効期限は登録後72時間以内なので、注意が必要です。
 
また、LINEに登録すると、毎週、10%OFFクーポンがもらえるキャンペーンも実施中です。
 

 
全巻購入など大量のマンガをまとめ買いしたいという方にとって、1番割引額が大きくなるオススメの電子書籍サービスです。
 
▼ 100冊までなら40%OFF! ▼

 ebookjapan


 
ebookjapanは、月額料金は一切かからず、本を買うごとにお金を払うサービスです。
 
ebookjapanでは、初回登録で、6枚の70%OFFクーポンがもらえます!
 
有効期限は60日間で、1回のお買い物で、最大500円まで割引できます。
 
1番オトクに利用するなら、1回のお買い物で、漫画2冊を購入するのがオススメ

クーポン使用例
クーポンなし 70%OFFクーポン
473円(税込)×1冊
473円
142円
(331円の割引)
473円(税込)×2冊
946円
284円
(662円の割引)
473円(税込)×3冊
1419円
426円
(993円の割引)
473円(税込)×4冊
1892円
568円
(1324円の割引)
ebookjapanは、世界最大級の電子書店と言われており、漫画の配信数が圧倒的に多く、30万冊以上も配信しております。
 
他の電子書籍サービスで扱っていない漫画でも、ebookjapanでは扱っているということがよくあります。
 
特集された漫画は無料で読めたり、90%引きなどもあるので、かなりお得に読むことができるので、コスパ最強の電子書籍サービスです。
 
まとめ買いではなく、数冊を購入する方は、ebookjapanのほうがオススメです!
 
▼ 今なら70%OFFクーポンもらえる! ▼

 コミックシーモア


 
コミックシーモアでは、無料登録すると、70%OFFクーポンがもらえます!
 


また、月額登録を行うと、後日、月額料金が全額還元され、実質無料で利用することができます。
 
コミックシーモアは、先行配信があっていち早く読めるし、テレビCMでもおなじみで安心で、1番オトクなので、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ 最大20000ポイントで実質無料 ▼

 DMMブックス


 
DMMブックスでは、初回購入の方限定で、70%OFFクーポンがもらえます!
 
割引の上限金額は3000円ですが、1回のお買い物で、最大3000円まで割引できます。
 

 
他の電子書籍サービスと同じで登録は無料なので、他の電子書籍サービスと合わせて、初回70%OFFクーポンを使ってみると、かなりお得に利用できます
 

▼ 初回70%OFFクーポンもらえる! ▼

忍者に結婚は難しいの概要

作品名 忍者に結婚は難しい
作者 横関大
出版社 講談社/文芸
ジャンル ミステリー
公式サイト https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/701300/

 あらすじ

忍者ラブコメディー開幕!
 
互いの招待を知らずに結ばれた二人 離婚寸前の夫婦に託されたのは、日本の命運!? 「ルパンの娘」シリーズ著者横関大が送る、現代の忍者活劇! 伊賀と甲賀。消えたはずのライバル忍者一族は、令和の今も人知れず暗躍していた。手裏剣術などの古き伝統を守りつつ郵便局ネットワークを牛耳る大組織・伊賀、麻酔銃やドローンなどを積極的に活用する少数精鋭の実力派集団・甲賀として。お互い忍者だと知らずに結婚した悟郎と蛍。燃え上がったのは最初だけで、悟郎の男尊女卑的役割分担に辟易した蛍が三行半(ルビみくだりはん)をたたきつけようとしていた。ある日、伊賀系の大物政治家が暗殺された。現場を去るあの後ろ姿は見慣れたあいつ? 忍者ラブコメディー開幕!
 
引用元:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/701300/

 感想

20代女性

この小説では、日常の中にストンと落ちてきたような忍者の世界を楽しむことができます。実は私たちと同じようにして現代の忍者は暮らしているのかもしれません。黒い服に身を包んだり、手裏剣を使ったり、そういったものとは一味違う現代忍者には大きく分けて2つの流派があるそうでした。まさか自分が忍者であることを伝えていなかった結婚相手が、敵対側の流派の忍者であったなんて…。この2人の主人公を読むことでそれぞれの忍者を読むことができます。さらに、本来は敵であるはずであり、また本気で殺し合う必要がある相手とふたりはどう向き合っていくのでしょうかというスリルも満点です。この主人公たちは円満な結婚生活を続けることができるのでしょうか。それともどちらかが死ぬ時が物語の終わりになってしまうのでしょうか。笑いのツボが最大限に盛り込まれています。お互いに相手が忍者でないことに確信を持っている様がたまらないです。つまりふたりとも、とてつもなく優秀な忍者であるということなのでしょう。そんなふたりの、夫婦が繰り広げてくれる物語に9割笑いを残りの1割は祈るような形で読み進めていくことになりました。リアルとファンタジーが共存しているようでとても面白いです。
他の感想はこちら

40代男性

結論から言うと忍者だから結婚が難しいのではなく、この夫婦にとって結婚というものはハードルが高かったのではないか?ただそれだけなのではないか、というような感想を持ち合わせた。このように物語を一刀両断してしまう私なのだが、その考えは実に簡潔であり理にかなっていると私自身改めて感想を筆にしてみて思えたのである。忍者の夫婦はお互いに忍者であるということを知らない。フィクションのようなお互いの関係性なのだが、まさに現代に生きる忍者というものに相応しく、もしそのような人がいたならばどうなるものかといったような話の中物語は進んでいく。このコントのような設定が曲解し政治家の殺害計画に関わっていくというようなスリリングな展開に発展していく。しかしその政治家の殺害計画を未然に防止するというような大義名分こそあれど結婚に繋がるというのはやはり難しいのだと読んでいて分かった。忍者さながらにさすがに物語がスピーディーで物語の展開的には疾走感があり、とっても読んでいて分かりやすい速さがあった。失ってしまいそうになるストーリーの速さではなくきちんと順序立てたスピーディーさ、早く進めるその先には必ず中継地点があり経過していく。その点と点が繋がりにすごろくが形成されて最後の「あがり」にまで到達していた。

60代男性

私はこの小説を初めて聞きました。忍者は私の知るところでは伊賀忍者聞きますね。実は私は忍者じやないですが既婚者ですよ。忍者になるというのは資格取得みたいなのがあるのかな?先に結婚のテーマが先に掲載されていますね。修行して頑張っている忍者。認定証みたいなのはあるのでしょうか?私は忍者にはなったことがないのでなんともいえない状況です。認定証の話が出てきましたが私はひとりカラオケで練習はしてまして音楽テープ審査提出してレベルアップ考えて頑張っています。勿論認定証と寸評が送付されます。私としては忍者は技術を身につけたりするのでなかなか結婚まで結びつくことが難しいのかもしれないね。小説を黙読並びに音読していないから話がまとまらない。確かに忍者は例として仕事になるのかな?ふと考えてしまうことも。私としてもこの忍者に結婚は難しいという作品を聴いたとき不思議な気持ちになりましたね。令和になり常に新しい作品が発刊されることは当然だと思われますが私も詩集は出版されています。文学作品出版することは私からはかなりのレベルだと思います。私も小説を書く憧れはありましたが今はライティングでライターとして頑張っています。

40代女性

伊賀忍者の末裔の悟郎は、キャンプ場で知り合った蛍と一般人だと言う理由で大反対されながらも運命を信じて結婚した。だが、それは長くは続かず、半年も経つと忍者を隠して生活する事が苦痛となっていた。だが、悟郎は知らなかった。実は蛍も伊賀忍者のライバル・甲賀忍者だと言う事を。 夫婦仲は冷え切っていたが、伊賀忍者にとって離婚とは格が落ちる事を意味し、何とか離婚を回避しようとするが上手くいかない。それ所か、蛍は離婚届を置いて出て行ってしまい… 伊賀忍者と甲賀忍者がどう違うのか判りませんでしたが、伊賀忍者は、いかにも忍者!って感じなんですね。それに比べて甲賀忍者はハイテクでスパイの様でビックリでした。 冷え切った夫婦だった悟郎と蛍が、とある殺人事件を通してお互いが忍者と解ってからのスピード感が心地よく、ハラハラしながらも一気読みでした。 事件は解決したけれど、ライバル忍者が夫婦として暮らす事は出来ないのかと切なく思いましたが、ルパンの娘同様、それを乗り越えてまた夫婦として暮らして欲しいです。シリーズ化希望です! 伊賀忍者の山田が密かにお気に入りでした。

30代女性

読んだら分かるが、この夫婦の結婚は難しい。忍者の夫婦はお互いに忍者であるとは知らない。とある政治家殺害計画に関わったそれぞれ夫婦。もしかして、妻は忍者なのか?いや~バレた?というコミカルな設定。しかし、妻は忍者としてのスキルは超一流。別の政治家暗殺計画からこの夫婦がそれぞれの忍者組織から追われる立場になる。そのあとのストーリー展開はスピーディーだけど読み応え抜群。最後の夫婦の結末は残念だった。ストーリーの大義名分によってはシリーズ化ができると思う。男性のトイレは立ってするべきか?座るべきか?悩ましい。

30代女性

徳川の時代からの因縁を持つ宿敵、伊賀と甲賀。組織力の伊賀と実力派甲賀が今の世の中で密かに暗躍していた。そして宿敵同士の男女の忍者が運命的な出会いからの結婚。もう、この設定からして面白い。電車で隣に座ってる人が実は忍者かも!って考えるだけでも楽しい。ありえない物語ではなく、あってほしいような気がする物語。離婚の危機にあった悟郎と蛍はある事件をきっかけに互いが宿敵の忍者であることを知る。濡れ衣をかけられ追われる甲賀忍者・蛍。妻を捕らえなければならない悟郎は、組織の一員として任務を果たすことよりも妻と逃げることを選ぶ。そして蛍も身につけた術を武器に命を賭けて夫を守り続ける。組織力を使って追い詰める伊賀に対し、秀でた頭脳と卓越した技で追手をかわしていく蛍。追われ、捕まり、また逃げる、ハラハラの展開に目が離せない。次第に二人が互いを大事に思う気持ちを取り戻していく過程がいい。ラストはやっぱりね!な展開だけど、なんだかホッとして、嬉しくなりました。

40代男性

徳川の時代からの因縁を持つ宿敵、伊賀と甲賀。組織力の伊賀と実力派甲賀が今の世の中で密かに暗躍していた。そして宿敵同士の男女の忍者が運命的な出会いからの結婚。もう、この設定からして面白い。電車で隣に座ってる人が実は忍者かも!って考えるだけでも楽しい。ありえない物語ではなく、あってほしいような気がする物語。離婚の危機にあった悟郎と蛍はある事件をきっかけに互いが宿敵の忍者であることを知る。濡れ衣をかけられ追われる甲賀忍者・蛍。妻を捕らえなければならない悟郎は、組織の一員として任務を果たすことよりも妻と逃げることを選ぶ。そして蛍も身につけた術を武器に命を賭けて夫を守り続ける。組織力を使って追い詰める伊賀に対し、秀でた頭脳と卓越した技で追手をかわしていく蛍。追われ、捕まり、また逃げる、ハラハラの展開に目が離せない。次第に二人が互いを大事に思う気持ちを取り戻していく過程がいい。ラストはやっぱりね!な展開だけど、なんだかホッとして、嬉しくなりました。

30代女性

読んだら分かるが、この夫婦の結婚は難しい。忍者の夫婦はお互いに忍者であるとは知らない。とある政治家殺害計画に関わったそれぞれ夫婦。もしかして、妻は忍者なのか?いや~バレた?というコミカルな設定。しかし、妻は忍者としてのスキルは超一流。別の政治家暗殺計画からこの夫婦がそれぞれの忍者組織から追われる立場になる。そのあとのストーリー展開はスピーディーだけど読み応え抜群。最後の夫婦の結末は残念だった。ストーリーの大義名分によってはシリーズ化ができると思う。男性のトイレは立ってするべきか?座るべきか?悩ましい。

30代女性

なんでこの方はこんなにユニークな設定を思いつくんだろう。こういうの、本当に大好き。蛍がかっこよくて魅力的。悟朗も、ちょっと古い価値観はあるものの「いい人」ではある。お互いに相手の素性を知らないまま、それぞれの任務がぶつかってしまうのを読む緊張感。組織が大きいと、忍者の組織でもああなってしまうのか。あの人のあんなの、見たくなかった。でも、思いがけない味方もいたりして嬉しかった。蛍パパのキャラも好き。あんな酔っ払い、身近にいたらうんざりしそうだけどwとにかく、大満足の読後感。ああ、楽しかった。

20代女性

内容は義母と義妹が最終的に主人公を好きになるというハッピーエンドですが、義母を自分の言いなりするまでの義母の後ろめたさや奴隷とまでは言わないが自分の自由になる征服感。義妹をやる時の処女を奪い主人公のものになる征服感はSの方なら共感しながら、自分ならもっと虐めながら征服していくなど置き換えできるかなと思い読みました。

40代男性

伊賀と甲賀。消えたはずのライバル忍者一族は、令和の今も人知れず暗躍していた。悟郎と蛍はお互い忍者だと知らずに結婚したが、いまや離婚寸前。そんなある日、伊賀系の大物政治家が暗殺され…。横関大のヒット作「ルパンの娘」とそっくりの設定で、今度は伊賀忍者と甲賀忍者の話。忍者の一族が作中のように姿を変えて現代も脈々と生きていると想像すると単純に楽しい。凝った構成で最後まで一気に読ませる。

30代女性

ドラマ化にもってこいの作品でした。韓流に慣れ切った私には、蛍はハ ジウォン、悟郎はキム ソンホ、音無はキム スヒョン…そんなキャスティングでリメイクしたいところ(年齢的に無理があるけど)なぜ私が日本のドラマを観なくなったのか、なんとなく分かった気がしました。無難にまとまり過ぎ、あり得ない度がおとなしすぎ…3年後くらいには2人の間に可愛い子供が生まれ悟郎は主夫となり育児の傍ら蛍の目を盗んで手裏剣の手解きをする、、、。それまでの経緯⁇そんなのすっ飛ばしてok!

30代女性

徳川の時代からの因縁を持つ宿敵、伊賀と甲賀。組織力の伊賀と実力派甲賀が今の世の中で密かに暗躍していた。そして宿敵同士の男女の忍者が運命的な出会いからの結婚。もう、この設定からして面白い。電車で隣に座ってる人が実は忍者かも!って考えるだけでも楽しい。ありえない物語ではなく、あってほしいような気がする物語。離婚の危機にあった悟郎と蛍はある事件をきっかけに互いが宿敵の忍者であることを知る。濡れ衣をかけられ追われる甲賀忍者・蛍。妻を捕らえなければならない悟郎は、組織の一員として任務を果たすことよりも妻と逃げることを選ぶ。そして蛍も身につけた術を武器に命を賭けて夫を守り続ける。組織力を使って追い詰める伊賀に対し、秀でた頭脳と卓越した技で追手をかわしていく蛍。追われ、捕まり、また逃げる、ハラハラの展開に目が離せない。次第に二人が互いを大事に思う気持ちを取り戻していく過程がいい。ラストはやっぱりね!な展開だけど、なんだかホッとして、嬉しくなりました。

20代女性

ドラマが面白い!日本の文化として海外から人気の忍者、フィクションではなく本当に居たんだなとと戦国時代に遡って色々調べてみるとさらに興味がわいてきた。そして、伊賀と甲賀がいかに対局的な存在なのかが主人公の2人を通してよく分かった。(ちなみに、甲賀は「こうが」ではなく「こうか」が正式名称。)突拍子のない設定のラブコメだど思っていたけど、ドラマの中の美男美女のアクションシーン、身バレしてからのスリリングな展開に夢中になっている。ラストが原作通りだとするとタイトル回収に・・エンドロールの漫画も気になる。

20代女性

話の内容がコミカルでとても読みやすかった。ドラマ化は納得。読みながら、「奥様は取り扱い注意」と似たような話なのかとも思ったが、忍者という設定が興味深かった。伊賀忍者と甲賀忍者の歴史やそれぞれの文化などが随所に出てくるのが興味深かった。司馬遼太郎の梟の城も読んでみたい。

30代女性

蛍がカッコ良すぎた!更には山田さんたちもスマートに熟す技や符号が素晴らしい。知識や現代の物を活かして如何に密かに行動するかが現れていた。この自然に、世間に、空気のように一般人に紛れている中での隠密。そこがカッコ良さを引き立てるのに、ルパンの娘もそうだったが横関さんのドラマ化の作品は、どうして脚色が華美になって、原作から外れてしまうのだろうか?テレビ映えを意識しているとはわかりつつも、この原作の良さを敢えて出して欲しいから、そこだけが残念に思う。

20代女性

初作家さん。面白そうと思って見たドラマが、今ひとつだなぁと思っていたら、原作が小説だと知り、読んでみました。 前半はドラマと同じく今ひとつな感じでしたが、段々面白くなってきて、後半はかなり面白かったです。

40代女性

伊賀忍者の夫と甲賀忍者の妻がお互いの正体を知らず、結婚。性格と生活の不一致で離婚寸前!お互いの好きな食べ物、20個も書き出して一つも被らないのは、厳しい。スパイファミリー風ラブコメ?と軽く読み流していたら、騙し騙され、政界も関わるスリリングな展開に!組織の伊賀と単独の甲賀など、バックグラウンドの説明は史実に近いのかな?それぞれの体質や使用する武器の違いなど面白かったです。妻の蛍の能力の高さが凄まじい!身のこなしや三姉妹の活躍はキャッツアイみたい。最後の場面はコメディ感あるタイトルの意味が一転、切ない

20代女性

伊賀忍者・草刈悟郎と甲賀忍者・月乃蛍の出会いから始まる忍者コメディー。伊賀が体制側で甲賀が反体制側、伊賀忍者の多くが郵便局員で、甲賀忍者の多くが薬剤師として働いている、ってなんとなく納得できるユーモラスな設定で面白かったです。漫画チックなストーリーで、気軽に楽しめました。蛍は「奥様は、取り扱い注意」の綾瀬はるか、キャッツ・アイの来生瞳を連想させるキャラ。クールビューティーのイメージですね。いいですね。

30代女性

なんと言っても蛍がカッコいい。単独で活動しているのに、集団で動く伊賀忍者を圧倒する強さ。ドラマを見ていたので、前半の感じで楽しく見せる話かと思っていたらなかなか大変なことになってきてハラハラした。出会いが仕組まれていたのはガッカリしたけど、この先も2人幸せに過ごせたらいいなと思った。

30代男性

TVドラマ「奥様は、取扱い注意」のようで特殊工作員と公安が伊賀と甲賀の忍者って感じ。タレントモデルも月乃蛍が綾瀬はるか、草刈悟郎が西島秀俊でもマッチしそう。旬の話題のソロキャンプ、地下アイドル、カルト宗教、原発放射性廃棄物、はたまた政治家暗殺まで登場して漫画のようにサクサク読めた。徳川方伊賀と豊臣方甲賀は三重県と滋賀県で距離は近くても伝統を重んじる「報連相」重視の大きな組織の飼い主の命令を忠実にこなす猟犬伊賀と合理的で自分自身の力量だけで勝負する能力主義甲賀で皮肉るのもいい。伏線回収もよく、続きを期待する

30代男性

ある日キャンプ場で出会った男女が瞬く間に恋に落ち結婚。そこから2年の月日が流れ二人の関係はギクシャクし離婚の危機。それもそのはず、夫の悟郎は伊賀の、妻の蛍は甲賀の忍者の末裔で、お互いにそのことを隠しながら任務に当たっていたから。この設定だけでなんだかワクワクします。物語は夫婦のすれ違い問題から、ある政治家の殺人事件、果ては日本を揺るがすような大問題へと発展していきます。お互いがお互いの正体を知らずに一つの事件の敵味方に分かれて行動するあたりがとにかくハラハラドキドキ。コレは是非ドラマか映画で見てみたい。

30代女性

序盤の、夫婦のすれ違い→蛍が離婚を考える件はかったるくてつまらなかった。 悟郎さんは全然魅力ないし。でもお互いが忍者とわかってからの展開は、ぶっ飛んでいてスピード感もありよかった。 謎の協力者“山田“との合言葉も面白い。 横関さんはこういったあり得ない設定の作品が良い味が出ると思う。今後も振り切った路線で行ってほしい。

40代女性

現代版忍者小説。郵便局には伊賀忍者が密かに勤務し、薬局には甲賀忍者が多く居る。甲賀の蛍は政治家の不正を暴くよう指令を受ける一方伊賀の悟郎は政治家の警護にあたる。相対する立場にある夫婦が互いの素性を隠し、やっていけるか?ハラハラする場面はあるが随所で交わされる甲賀忍者の合言葉や符牒に吹き出す。しかも毎回相手は“山田”って何それ?伊賀が未だに手裏剣を使うのに対しドローンなど最新技術を駆使して戦う甲賀。その時点で伊賀の勝ち目ないよね?蛍3姉妹はあのアニメのオマージュだよね!と次々ツッコむ。小ネタ勝ちの小説とも?

30代女性

若い男女がキャンプを通じ惹かれ合い結ばれる。自分が忍者である事をお互い隠しながら。二人は伴侶が敵対する派閥の忍者である事に気付かぬまま半年が過ぎる。夫婦仲は冷めきり離婚に向かう妻とそれでも建て直したい夫。そんな中夫婦がそれぞれ受けた指令を機に運命が動き出す。前半は夫婦のすれ違いがコメディ調に描かれているが、二人に危機が迫る後半は一転してシリアスに。特に終盤の悟郎の葛藤は読んでいて辛かった。テレビではどんな魅せ方をするのか。

20代男性

伊賀忍者の五郎と甲賀忍者の蛍。お互いが忍者だとは気付かぬまま結婚し、それぞれ任務をこなしていく。読メのレビューから図書館で予約し、もう少して順番が回ってくると思ったらドラマが始まってビックリ。ドラマは見ていないけど本は面白かった。なるほど、伊賀と甲賀で結婚は確かに難しそうだ。蛍は超カッコイイね。これからは郵便局員と薬剤師を観たら、じっくり観察してしまいそうだ。

30代男性

タイトルに惹かれて予約していた本。伊賀忍者の男と甲賀忍者の女がお互いの素性を隠して結婚する話。おもしろかったー!交互に視点がかわって話が進んでいくスタイルが読みやすい。「これだから一般人は…」と言いながらブツブツ生活する2人も、お互いの正体がわかってから変わっていく関係性も愛おしい。蛍がかっこよすぎて惚れてしまう。最後の場面のその後の2人も気になるな。

40代男性

ドラマ見てない。忍者版ミッションインポッシブル。或いは朝鮮半島における二重スパイのような。政局争いも含みながらもシリアスさは少ない。謎が謎がとなるも真相はなんだかな。互いの素性を知り、ぶつかり合った2人が夜通し語り合う場面が良。

30代女性

ドラマを見始めて、原作が小説と知り読み始めた。 ドラマと内容は若干異なるものの、登場人物や内容がイメージしやすくすぐに読み終えてしまった。 ドラマがどの様な展開で終わるかはまだわからないけど、原作とどのように違うのかまた見てみたいと思う。

30代男性

お互い忍者であると知らずに結婚した悟郎と蛍。前半は少しだるかったが、お互いが忍者であるとわかってからの展開は中々スピーディで面白かった。しばらく郵便局行くとコヤツは伊賀忍者か?と思いそうだ。ちなみに私は職業的には出来の悪すぎる甲賀忍者⁈友だちに旧姓山田もいるわ(笑)

30代女性

前半は吾郎&伊賀忍者にイライラ(-᷅_-᷄๑) お互いの正体に気づいた辺りから、やっと面白くなった。とにかく蛍がカッコいい✨ 甲賀忍者は単独行動。時々酒浸りのお父さんと姉妹たちが助けてくれる。ドラマも見ればよかったー!格闘シーンとかどんな感じになってるんだろ?

20代女性

蛍と伊賀忍者達との格闘シーンは迫力が凄すぎて息を吞む。ドラマ版との展開の違いも楽しめた。宇良くんのキャラはドラマ版の方が好きだな。大好きな十四代の登場にも心躍った。

忍者に結婚は難しいを1番安く読むならAmebaマンガ


忍者に結婚は難しいの全巻を最安値で読む電子書籍サービスについて、お伝えしてきました。
 
「忍者に結婚は難しい」を読むなら、オススメは、「Amebaマンガ」です。
 
キャンペーン中なので、無料登録すると、漫画100冊まで使える40%OFFクーポンがもらえちゃうので、ネット上で1番安く買うことができます。
 
他の電子書籍サイトは、数冊までの割引であることがでほとんどですが、Amebaマンガは40%OFFクーポンが100冊まで使えるので、割引額が1番大きいです。
 
キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので、ご注意ください
 
オトクに利用するなら、今がチャンスなので、今すぐ利用してみてください。

結論
忍者に結婚は難しいを読むなら
オススメは
「Amebaマンガ」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

 
今なら、初回登録時にもらえる
100冊まで使える
40%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます