僕の妻は発達障害(漫画)全巻を1番安く読む方法|単行本が安い電子書籍サービスも

人気漫画「僕の妻は発達障害」の全巻を1番安く読む方法単行本が安い電子書籍サービスがどこなのか、お伝えいたします。

・全巻を1番安く読みたい!
・今すぐ、一気読みしたい!
・試し読みして、続きも読んでみたい!
そんな方のために、1番安い電子書籍サービスをまとめました。
結論
「僕の妻は発達障害」
を1番安く読むなら
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

▲ 今なら70%OFFで読める! ▲
 
今なら、初回登録時にもらえる
70%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

僕の妻は発達障害全巻を1番安く読める電子書籍サービスはどこ?

オススメ度 内容
ebookjapan 6回使える70%OFFクーポンで、お得に読める。世界最大級の電子書店で安心
コミックシーモア 初回70%OFFクーポンあり。女性向けの漫画が強い
Amebaマンガ 100冊40%OFFクーポン500円OFFクーポンがもらえる
まんが王国 毎日最大50%ポイントが還元される
DMMブックス 70%OFFクーポンがもらえる
U-NEXT 初回登録で、1冊無料で読める
コミック.jp 初回登録で、2冊無料で読める

 
Amazonや書店で購入すると、定価になりますが、これらの特典を利用すれば、漫画「僕の妻は発達障害」は1番オトクに読めちゃいます!
 
中でもebookjapanは、使いやすくて、オトク!
 
初回登録でもらえる70%OFFクーポンがあるので、「僕の妻は発達障害」をかなりオトクに読むことができます!

▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

▲ 今なら70%OFFで読める! ▲
 
今なら、初回登録時にもらえる
70%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

僕の妻は発達障害全巻をお得に安く読む方法

 ebookjapan


 
ebookjapanは、月額料金は一切かからず、本を買うごとにお金を払うサービスです。
 
ebookjapanでは、初回登録で、6枚の70%OFFクーポンがもらえます!
 
有効期限は60日間で、1回のお買い物で、最大500円まで割引できます。
 
1番オトクに利用するなら、1回のお買い物で、漫画2冊を購入するのがオススメ

クーポン使用例
クーポンなし 70%OFFクーポン
473円(税込)×1冊
473円
142円
(331円の割引)
473円(税込)×2冊
946円
284円
(662円の割引)
473円(税込)×3冊
1419円
426円
(993円の割引)
473円(税込)×4冊
1892円
568円
(1324円の割引)
ebookjapanは、世界最大級の電子書店と言われており、漫画の配信数が圧倒的に多く、30万冊以上も配信しております。
 
他の電子書籍サービスで扱っていない漫画でも、ebookjapanでは扱っているということがよくあります。
 
特集された漫画は無料で読めたり、90%引きなどもあるので、かなりお得に読むことができるので、コスパ最強の電子書籍サービスです。
 
ネットで漫画を読みたいとき、迷った場合は、ebookjapanを選べば間違いないです!
 
▼ 今なら70%OFFクーポンもらえる! ▼

 Amebaマンガ


 
Amebaマンガでは、無料登録すると、漫画100冊まで使える40%OFFクーポンがもらえます!
 
Amebaマンガのすべての漫画が対象となるクーポンなので、なんと最新巻にも使えちゃうんです!


有効期限は登録後72時間以内なので、注意が必要です。
 
また、LINEに登録すると、毎週、10%OFFクーポンがもらえるキャンペーンも実施中です。
 

 
大量のマンガをまとめ買いしたいという方にとって、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ 100冊までなら40%OFF! ▼

 コミックシーモア


 
コミックシーモアでは、無料登録すると、70%OFFクーポンがもらえます!
 


また、月額登録を行うと、後日、月額料金が全額還元され、実質無料で利用することができます。
 
コミックシーモアは、先行配信があっていち早く読めるし、テレビCMでもおなじみで安心で、1番オトクなので、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ 最大20000ポイントで実質無料 ▼

 まんが王国


 
まんが王国では、毎日最大50%のポイント還元が行われています。
 
ポイント購入で最大30%のポイント還元があり、ポイントの使用でも最大20%のポイント還元があるので、合わせて最大50%のポイント還元があってお得!
 

 
コミックが中心で11万冊以上の取り扱いがあるので、コミックをお得に読みたいという方にとって、オススメの電子書籍サービスです。
 

▼ 毎日最大50%還元! ▼

 DMMブックス


 
DMMブックスでは、初回購入の方限定で、70%OFFクーポンがもらえます!
 
割引の上限金額は3000円ですが、1回のお買い物で、最大3000円まで割引できます。
 

 
他の電子書籍サービスと同じで登録は無料なので、他の電子書籍サービスと合わせて、初回70%OFFクーポンを使ってみると、かなりお得に利用できます
 

▼ 初回70%OFFクーポンもらえる! ▼

 U-NEXT


 
U-NEXTは、無料登録すると、600ポイントがもらえ、漫画1冊が無料で読むことができます!
 
漫画を購入すると、最大で40%のポイントが還元されます。
 
また、U-NEXTは、漫画などの電子書籍だけでなく、アニメ、ドラマ、映画など21万本以上の動画を見放題で視聴することができます。
 
マンガだけでなく、アニメ、ドラマ、映画などの動画も楽しみたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 

▼ マンガ1冊無料で読める! ▼

 コミック.jp


 
コミック.jpでは、30日間の無料体験ができる「コミック.jp 1000コース」にお試し登録すると、1350円分のポイントがもらえます!
 
このポイントを使えば、漫画2冊が無料で読むことができます。
 
30日間の無料体験後の月額プランはこのようになっています。

コース名 月額料金(税込) 付与ポイント
500コース 550円 650円分
1000コース 1,100円 1,350円分
2000コース 2,200円 2,700円分

お試し登録で2冊のマンガを無料で読むことができるので、まずは、お試ししてみてはどうでしょうか?
 

▼ マンガ2冊無料で読める! ▼

僕の妻は発達障害の概要

作品名 僕の妻は発達障害
作者 ナナトエリ/亀山聡
出版社 新潮社
掲載誌 月刊コミックバンチ
ジャンル 青年マンガ
公式サイト https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/608291/

 あらすじ

妻の知花(32)は発達障害
 
僕、北山悟(30)は漫画家のアシスタント。妻の知花(32)は発達障害。ふたりの生活はいろんな問題があるものの、折り合いをつけながら、毎日を過ごしている。連載開始時から話題を集めた「発達障害」コミック待望の第1巻!
 
引用元:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/608291/

 感想

40代男性

発達障害について考えされられる作品です。私は大手企業で管理職になっていますが、若いころはちかちゃんとまったく同じような行動をしていました。会話は飛んでしまう、話がかみ合わない、ミスが多い、複数業務をしようとすると後に依頼された内容の記憶しか残っていない等、新入社員入社時に家に帰って何度もなきました。会社には成績トップで入社したのですが、怪奇な行動からあっという間に出世コースから外れ1年目にしてどうでもよいという扱いの職場に飛ばされました。子会社に出向の話もありましたがかろうじてPCのスキルが高かったため、IT系の職場に従事しました。ただそこでもミスを連発し担当から外されることになりました。私は男性ではありますが本作の夫の悟君の目線ではなく奥さんのちかちゃんの目線で本作を読み自分は変わっていないと思いたいが、実際は変わっていて周囲とは浮いた存在ということが胸に突き刺さりました。たまたま前任者が存在しない新規事業で私の業務内容が高く評価されそれに伴っていろいろな経験をして管理職になることができました。発達障害は発達しないのではなく発達が遅いので温かく見守ってほしいところです。40歳となった今でも取引先の営業マンと商談をするさい話が飛びすぎて笑われます。
他の感想はこちら

30代男性

主人公にかなり感情移入してしまう漫画です。女性向けの絵ではありますが、ぜひ男性に読んでいただきたいです!男性の目線から妻を見て、理解できない行動や言動、イライラしながら読んでしまいましたがこんなイライラって他人と暮らしているのですからあって当然です。また子供のような妻、決して障害を持っているような人に見えない人でも悩みはあるのか、と考えさせられます。でも誰しも1度は子供でしたし、大人になっても自制心が働くだけで無邪気に甘えたり、遊んだりしたい!そのリミッターが発達障害のチカは外れちゃうだけ、なのだと思います。またチカの視点で、社会に出た時に生きづらい社会なのだと感じます。世間はまだまだ障害をもった人に対して冷たいですね。私も含めてですが、障害を持っている、ということを考えずに普通に考えれば分かるでしょ?常識でしょ?の考えを押し付けてしまいます。そんな考え方を反省させられるような切ないチカの言葉、胸にじーんときました。夫婦一緒に暮らしていく上でぶつかる問題など健常者同士でも起こりうる問題だと思うようなことをリアルに描いています。夫婦生活って色々な幸せのかたちがあって、色々な問題があって、そこそこに折り合いをつけていかないとだめですね。ぜひ、私と同世代の夫婦に読んでほしい作品です。

20代女性

この作品のどストレートに内容を表現しているタイトルに強く惹かれたため実際に読み進めてみることにしました。「発達障害」をテーマとした作品に触れたことがなかったので、ここまで新鮮に感じるストーリーに出会ったことがなかったですし、世の中にはたくさんの発達障害の方がいることや、彼らに対して理解を深めてあげることの大切さについて学ぶことができたように思います。誰々がこの障害であるという事実を知る必要はないかもしれないですが、何のために生きているか自分を見失ってしまいそうな人がいたとすれば何か夢中になれることを一緒に探してあげたいですし、生きる希望を何か少しでも一緒に見つけられることが大事なのかもしれないなと思いました。発達障害の方の実際に経験した内容が分かりやすく描かれていることもあり、フィクションながらも現実的な内容に感じられるシーンも多く入り込みやすかったです。「常識」される分野が苦手だと感じる人は「仕事ができない人」「空気の読めない人」だと言われがちですが、そうではなくてその人が特に優れている部分をもっと伸ばしてあげたり、そこに素晴らしさを感じてあげることが重要なのだなとも学べました。発達障害についてもっとポジティブに捉えて行けたらいいなと思える作品で良作でした。

30代女性

発達障害に苦しんでいる人とかそうじゃない人にもこういう子がいてるんだっていうのをわかるためにもぜひ読んでほしいような作品です。知花ちゃんが本当に可愛らしいんですけど、単純に可愛らしいだけじゃなくて実は理由があって、彼女は発達障害。という今の時代にはピッタリの作品ですよね。発達障害の人の特徴が本当に良く描かれているから面白いですよね。部屋の片づけが出来なかったりとか物をすぐになくしちゃったりとか、話が全然かみ合わなくなっちゃったりとかね・・・普通の人と一緒のようで部分部分違う。普通の障害者とはまた違うから質が悪い。それでも二人、手を取り合って生きていこうとする感じが何ともおもしろくていいです。旦那様とのやり取りは本当にホッコリさせられてしまいます。人間って効率とか成功ばかり求めて生きるんじゃなくてこういう生き方もあるんじゃないかなぁと思わせてくれるような作品ですごくいやされてしまいました。発達障害の悩みもちゃんとあるし、それでいてそれを受け入れながら生きている感じがすごくかっこいいなぁ。まわりのキャラクターも凄く個性的でいい感じに描かれているからみんな人間らしくて、「みんな違ってみんないい」って感じ。

20代男性

発達障害という言葉を最近聞く機会が多いのですが、その実態については全然わかっていませんでした。そんな状態でこの作品を読んでみたら、発達障害というのはただの「障害」ではなくて、その人が持っているかけがえのない「個性」なんだということに気が付かされました。主人公は集中すると周りが見えなくなってしまうし、忘れ物も多いので、周りの人はどうしてもイライラしてしまうかもしれません。それでも主人公は一生懸命できることをしているので、嫌な感じは全くしませんでした。最初は主人公を嫌な目で見ていた人たちも、だんだん理解して寄り添ってあげるようになる過程を見て心がほっこりしました。さらにこの作品は発達障害の人の物語と同時に、固く結ばれた夫婦愛を描いた物語でもあります。発達障害の妻に振り回されながらも、しっかりサポートしてあげる夫は愛があるからこそできる行為だと思いました。逆に夫が発達障害で妻が健常者という逆のパターンの場合はいろいろ変わってくるのかなと興味が沸いてくるところもありました。発達障害に限らず、普通とはちょっとかけ離れた人に対しては最初から嫌悪感を抱くのではなく、こういう人もいるんだという多様性を認めてあげることが大事なのかなとこの作品を読んで思いました。

40代男性

いわゆる発達障害の女性が主人公なのですがADHDと呼ばれる注意欠陥多動性障害の女性が抱える悩みをつらつらと綴られていくのですが、それもこれも全て彼女の性格ごとを丸ごと大きな器で包んでくれる旦那がいるおかげで生活が成立しているという、彼女が生きていくにはこの旦那が必要であった。この旦那と出会えて本当に良かったと言ったようなことを遠回しに語っている漫画でした。さてこの物語なのですが、彼女が主人公だという所にすべてが集約され、女性だからという理由でのみ成立しているお話なのではないかと感じたのです。これがもし当の本人がADHDの男性が主人公であった場合どうでしょう?理解ある妻というものがこの日本で果たして存在するでしょうか?この日本現代には理解ある妻など存在せず全くひとたまりもないうちに不幸のお話に変わってしまうのですが、性別が違うだけでこれほどまでに変わってしまうと容易に想像できるお話であるがゆえに主人公の彼女が女性であったからこそ面白い話になり得たのだと穿った見方をしてしまいます。全く面白くない話ではないので主人公の性別を男女交換してもらえるとその面白さも読書に伝わったのではないかと思うだけ、に主人公の性別が女性ではなく男性であるべきだと感じたのです。

僕の妻は発達障害を1番安く読むならebookjapan

 
僕の妻は発達障害の全巻を最安値で読む電子書籍サービスについて、お伝えしてきました。
 
「僕の妻は発達障害」を読むなら、オススメは、「ebookjapan」です。
 
世界最大級の電子書店で安心だし、何より、読みたい漫画が全部揃っています。また、キャンペーン中なので、初回登録で、70%OFFクーポンがもらえちゃいます!
 
キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので、ご注意ください
 
オトクに利用するなら、今がチャンスなので、今すぐ利用してみてください。

結論
僕の妻は発達障害を読むなら
オススメは
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

▲ 今なら70%OFFで読める! ▲
 
今なら、初回登録時にもらえる
70%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます