三千円の使いかた(原作小説)全巻を1番安く読む方法|単行本が安い電子書籍サービスも

原作小説「三千円の使いかた」の全巻を1番安く読む方法単行本が安い電子書籍サービスがどこなのか、お伝えいたします。

・全巻を1番安く読みたい!
・今すぐ、一気読みしたい!
・試し読みして、続きも読んでみたい!
そんな方のために、1番安い電子書籍サービスをまとめました。
結論
「三千円の使いかた」
を1番安く読むなら
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

▲ 今なら70%OFFで読める! ▲
 
今なら、初回登録時にもらえる
70%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

三千円の使いかた(原作小説)を1番安く読める電子書籍サービスはどこ?

オススメ度 内容
ebookjapan 6回使える70%OFFクーポンで、お得に読める。世界最大級の電子書店で安心
コミックシーモア 初回70%OFFクーポンあり。女性向けの漫画が強い
Amebaマンガ 100冊40%OFFクーポン500円OFFクーポンがもらえる
まんが王国 毎日最大50%ポイントが還元される
DMMブックス 70%OFFクーポンがもらえる
U-NEXT 初回登録で、1冊無料で読める
コミック.jp 初回登録で、2冊無料で読める

 
Amazonや書店で購入すると、定価になりますが、これらの特典を利用すれば、原作小説「三千円の使いかた」は1番オトクに読めちゃいます!
 
中でもebookjapanは、使いやすくて、オトク!
 
初回登録でもらえる70%OFFクーポンがあるので、「三千円の使いかた」をかなりオトクに読むことができます!

▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

▲ 今なら70%OFFで読める! ▲
 
今なら、初回登録時にもらえる
70%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

三千円の使いかた(原作小説)をお得に安く読む方法

 ebookjapan


 
ebookjapanは、月額料金は一切かからず、本を買うごとにお金を払うサービスです。
 
ebookjapanでは、初回登録で、6枚の70%OFFクーポンがもらえます!
 
有効期限は60日間で、1回のお買い物で、最大500円まで割引できます。
 
1番オトクに利用するなら、1回のお買い物で、漫画2冊を購入するのがオススメ

クーポン使用例
クーポンなし 70%OFFクーポン
473円(税込)×1冊
473円
142円
(331円の割引)
473円(税込)×2冊
946円
284円
(662円の割引)
473円(税込)×3冊
1419円
426円
(993円の割引)
473円(税込)×4冊
1892円
568円
(1324円の割引)
ebookjapanは、世界最大級の電子書店と言われており、漫画や文庫の配信数が圧倒的に多く、30万冊以上も配信しております。
 
他の電子書籍サービスで扱っていない漫画、小説でも、ebookjapanでは扱っているということがよくあります。
 
特集された漫画は無料で読めたり、90%引きなどもあるので、かなりお得に読むことができるので、コスパ最強の電子書籍サービスです。
 
ネットで漫画や小説を読みたいとき、迷った場合は、ebookjapanを選べば間違いないです!
 
▼ 今なら70%OFFクーポンもらえる! ▼

 Amebaマンガ


 
Amebaマンガでは、無料登録すると、漫画100冊まで使える40%OFFクーポンがもらえます!
 
Amebaマンガのすべての漫画が対象となるクーポンなので、なんと最新巻にも使えちゃうんです!


有効期限は登録後72時間以内なので、注意が必要です。
 
また、LINEに登録すると、毎週、10%OFFクーポンがもらえるキャンペーンも実施中です。
 

 
大量のマンガをまとめ買いしたいという方にとって、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ 100冊までなら40%OFF! ▼

 コミックシーモア


 
コミックシーモアでは、無料登録すると、70%OFFクーポンがもらえます!
 


また、月額登録を行うと、後日、月額料金が全額還元され、実質無料で利用することができます。
 
コミックシーモアは、先行配信があっていち早く読めるし、テレビCMでもおなじみで安心で、1番オトクなので、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ 最大20000ポイントで実質無料 ▼

 まんが王国


 
まんが王国では、毎日最大50%のポイント還元が行われています。
 
ポイント購入で最大30%のポイント還元があり、ポイントの使用でも最大20%のポイント還元があるので、合わせて最大50%のポイント還元があってお得!
 

 
コミックが中心で11万冊以上の取り扱いがあるので、コミックをお得に読みたいという方にとって、オススメの電子書籍サービスです。
 

▼ 毎日最大50%還元! ▼

 DMMブックス


 
DMMブックスでは、初回購入の方限定で、70%OFFクーポンがもらえます!
 
割引の上限金額は3000円ですが、1回のお買い物で、最大3000円まで割引できます。
 

 
他の電子書籍サービスと同じで登録は無料なので、他の電子書籍サービスと合わせて、初回70%OFFクーポンを使ってみると、かなりお得に利用できます
 

▼ 初回70%OFFクーポンもらえる! ▼

 U-NEXT


 
U-NEXTは、無料登録すると、600ポイントがもらえ、漫画1冊が無料で読むことができます!
 
漫画を購入すると、最大で40%のポイントが還元されます。
 
また、U-NEXTは、漫画などの電子書籍だけでなく、アニメ、ドラマ、映画など21万本以上の動画を見放題で視聴することができます。
 
マンガだけでなく、アニメ、ドラマ、映画などの動画も楽しみたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 

▼ マンガ1冊無料で読める! ▼

 コミック.jp


 
コミック.jpでは、30日間の無料体験ができる「コミック.jp 1000コース」にお試し登録すると、1350円分のポイントがもらえます!
 
このポイントを使えば、漫画2冊が無料で読むことができます。
 
30日間の無料体験後の月額プランはこのようになっています。

コース名 月額料金(税込) 付与ポイント
500コース 550円 650円分
1000コース 1,100円 1,350円分
2000コース 2,200円 2,700円分

お試し登録で2冊のマンガを無料で読むことができるので、まずは、お試ししてみてはどうでしょうか?
 

▼ マンガ2冊無料で読める! ▼

三千円の使いかたの概要

作品名 三千円の使いかた
作者 原田ひ香
出版社 中央公論新社
掲載誌 中公文庫
ジャンル 文芸(小説、文庫)
公式サイト https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/651815/

 あらすじ

「節約」家族小説!
 
垣谷美雨さん絶賛!「この本は死ぬまで本棚の片隅に置いておき、自分を見失うたびに再び手に取る。そういった価値のある本です」就職して理想の一人暮らしをはじめた美帆(貯金三十万)。結婚前は証券会社勤務だった姉・真帆(貯金六百万)。習い事に熱心で向上心の高い母・智子(貯金百万弱)。そして一千万円を貯めた祖母・琴子。御厨家の女性たちは人生の節目とピンチを乗り越えるため、お金をどう貯めて、どう使うのか?知識が深まり、絶対「元」もとれちゃう「節約」家族小説!
 
引用元:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/651815/

 感想

40代男性

無人島に住むのならば何を持っていくか?生まれ変わるなら男性のまま?それとも女性に生まれ変わりたい?などといったような当て擦られたような質問の中の一つにあったもし今手元に3000円が手に入るのならばその3000円をどのように使うのか?といったような一つの問答を広げに広げまくって、その話が永遠と続いていくのかと思いきや途中から話が逸れて完全にお金の使い方とは違う話になっているといったようなツッコミどころが満載な話でした。しかし、が日常系のお話のなのでほっこりとしたい気分であまり感情の高ぶりや落ち込みなどをもたらしたくない。平穏な気持ちでただただ時間をつぶしたいと言ったようなフラットな気持ちで漫画を読みたいという人にはうってつけの漫画であり、またその時間も1日や二日で読み切れるようなお話ですので簡単に読むことができるというその手軽さがとても需要がありそうな漫画でありました。このように一見の価値はあり以前あった「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」といったような話のようにキャッチーなキャッチコピーによって注目が集まるお話ではあるので、一度は中身に触れておくというものも教養を高めるという点では良いと思います。自分のお金の使い方が自信がなく散財してしまう癖があると言う女性の人には特にお勧めできると思いました。
他の感想はこちら

30代男性

お金の知識が載っている本なのかなくらいに思って読みましたがそれだけでなく、家族や友人との関わり方、ひいては自分のライフプランにおいても考え直すきっかけになりました。お金の大切さや自分の生活の現状を見つめる事が出来たと同時に、お金以上に大切なすべきことにも目を向けれるような気がしました。お金で買えないものの尊さを改めて実感できたし、もっと大切にしていきたいと思いました。女として生きる中で直面するお金の問題を自分ごととして捉えながら読み進めました。若い時に損得勘定なく純粋な恋愛での結婚か、少し大人になってから経済的に安定した相手との結婚か、好きな相手に借金があったら、とても他人事とは思えないあるあるの話でした。お金が全てではないけれどお金があることで心が豊かになるのは嘘ではない、でも人間愛が無くても心が豊かではない。結局は自分がどうしたいのか、他人は他人、自分は自分という強い信念を持って生きればそれが正しい道ではないかと思いました。現代人がもつ典型的なお金の悩みを、世代や立場が違う登場人物それぞれの視点から描いた物語。人生のなるべく早い段階から、お金に対する社会の価値基準を学ぶ事が出来ました。

40代男性

平日に毎日3000円稼ぐことができたら、1週間で1万5000円、1ヶ月で6万円稼ぐことが可能です。また、毎日3000円という目標は時間を有効活用すれば難しい額ではありません。仕事終わりに少し作業したり、主婦の家事のスキマ時間で稼ぐことができる金額です。3000円の使い方でその人の生き方が分かる、って確かにそうかもしれない、と思った。社会人になってなんとなく節約しなきゃと意気込んでいながらも(月○万貯金するぞと思ってた)、誘惑に負けて月のクレジットカードの請求額に嘆なことが多い。目標は一丁前に掲げながらすぐ挫折しちゃう自分の生き方が表れている…
貯金の目的を持つ(お金や節約は目的じゃなくて手段)
・固定費を見直す
・自分にとって今本当に必要か考えて買う
・周りは周り、自分は自分、と思い直す(人に影響されそうになるところを踏みとどまる)
三千円の使いかた」は「隣の芝の青さ」として映る…御厨家、四世代家族の丁寧な暮らしの中にも人は悩みがあるものだから、他人と比べて見るものでなく、自分で価値付けるものと分かった。生きる中で直面するお金の問題を自分ごととして捉えながら読み進めました。若い時に損得勘定なく純粋な恋愛での結婚か、少し大人になってから経済的に安定した相手との結婚か、好きな相手に借金があったら、相手の親と馬が合わなかったら…とても他人事とは思えないあるある話。お金が全てではないけどお金があることで心が豊かになるのは嘘ではない、でも人間愛がなくても心が豊かではない。結局は自分がどうしたいのか、他人は他人、自分は自分という強い信念を持って生きればそれが正しい道なのではないかと思った。 

30代女性

はじめは三千円の賢い使い方を具体的に教えてくれる節約術や投資方法が載っている本かと思って手にしましたが、4人の女性を主人公にする小説でした。私は普段あまり読書をしないのですが、サクサクを読み進めることができました。サクサク読み進められる理由としては、内容がかなりリアルで登場人物に親近感が湧くためだと思います。リアル過ぎて登場人物の貯金残高に「え?この歳でその貯金額はやばいよー」と思わず心配になりました。一方で節約家の姉・美帆の章では「自分はそんなにお金のこと考えられてない」と焦ったり、祖母・琴子の章では「何歳になってもお金のこと考えないといけないんだ」と将来が不安になったりと、各主人公と自分の人生を重ねてお金について考える良い機会となりました。「よそはよそ、うちはうち」とは頭ではわかっているけど、どうしても他人と比べてしまう気持ちを上手く言語化してくれ、他者との比較に悩みながらも人生やっていくしか無いんだと感じました。悩みをなるべく少なくするには祖母・琴子のようにお金の勉強を生涯続けることが必要で、改めて自分もお金の勉強をして自信をつけていきたいと感じました。解説ページも読み応えがあり満足の1冊でした。

30代男性

「三千円の使いかた」は、感動的で面白い小説です。主人公の望月こういちは、身内から三千円を貰います。この三千円を使うことで、彼は自分の人生を変えることになります。望月こういちは、母親に介護をしているということもあり、自分ができることは限られています。そのため、彼は、三千円を使って、自分を向上させるために努力します。そして、それが彼にとって大きな転機となります。望月こういちは、三千円を使って、自分の人生を自分で切り開くことができます。そして、それは彼にとってとても大きな意味を持つことになります。彼は、自分を信じることができるようになり、自分の人生を自分でコントロールすることができるようになります。「三千円の使いかた」は、自分の人生を自分で切り開くことの大切さを伝えるとともに、どのようにして自分を信じることができるのかを教えてくれる小説です。私たちは、望月こういちが三千円を使って、自分の人生を自分で切り開いていく姿を見ることで、自分自身を信じることができるようになります。また、この小説を読むことで、自分ができることを信じることができるようになり、自分自身をコントロールすることができるようになるでしょう。ぜひ、この小説を読んでみてください。

20代女性

美帆さんの金遣いが荒いかと言うと、正直そこまでではないと思いました。成人女性、それも独身の場合においてはむしろ普通と言っても過言ではありません。もっとも、貯金がわずか30万円程度ということには衝撃が走りました。アルバイトで食いつないでいるのならまだしも、美帆さんは就職している方ですから、やはり30万円というのは大変心もとないでしょう。お姉さんの真帆さんからの指摘が、美帆さんにとってはどれもこれも耳が痛いだろうということは明々白々にほかなりません。また、それらがそのまま私自身にも当てはまることが多く、改めてお金の使い方を考えさせられる良いきっかけとなりました。おばあちゃんから頂けるお年玉が、たったの3000円というのは、子どもからしてみると不満でしかありません。ただし、それは何もおばあちゃんがケチという訳ではなく、生きていく上で必要な考えがそこに集約されているため、お金の使い方を見直そうと動き出した美帆さんには、こちらもありがたい教えになったことでしょう。一方、影響を受けやすい私としては、今後姪っ子たちに渡すお年玉の金額を3000円にすることを検討するに至りました。将来的に見れば、実に意味のある行為になると確信しています。

20代女性

三千円があったら、あれも買えて、こんなところに行けて。その使い方には、知らぬ間に個性が出ているようです。わたしはその三千円の一部でこの本を買い、読みました。本屋さんで使った三千円でした。お金持ちになるには、ついたくさん働くことをわたしはイメージしてしまいます。実際には増やすというやり方もあるのですよね。銀行口座の開設の話はずるいと思ってしまいました。金利のよいところにお金を移して増やしていく。賢いやり方なのでしょうか。わたしは歳をとったときに、働きたい、世の中の役に立ちたい、と思えるだろうかと不安になりました。仕事を辞められて、家にいられるなら望むところと思ってしまいそうです。現に今も、わたしは早くも老後を楽しみにしています。現在でも、若者の働き方の多様化や、仕事をしていない人の多いことは問題に度々上がると思います。時代性が生む考え方の違いなのかもしれませんが、このおばあちゃんをわたしはとても立派だと思いました。働いて社会に居場所を見つけること。感謝される喜びを得ること。その働くことの素敵な点を、現役で社会人をしているうちにしっかり覚えておきたいな、そして忘れずに働き続けたいな、とそう思いました。

50代女性

幅広い各年代の女性のお金の使い方を紹介した話題の短編集、3,000円の使い方」。無駄のないお金の使い方や節約法などを学ぶ本なのかと思いましたが、違いました。お金の使い方を主軸にしつつ、主人公が成長していく人間味あふれるストーリーでもありました。「3,000円の使い方で人生が決まる」という言葉は、とても印象深いものです。この言葉から始まる本小説はは、女性から見た金銭感覚、貯蓄方法、夫や彼氏に対する考え方、結婚観など、さまざまな視点からの意見があり、興味深かったです。幸せは富やお金だけでは判断できないですが、潤沢にあったほうが幸せにより近づくのもまた事実だと思います。読み終えて、大切なのは「使い方」ではなく、お金に対する「向き合い方」だと感じました。お金は生きていく上で、命の次にと言っても良いくらい、とても大切なものです。そして、お金の問題は、しばしば家族との向き合い方にも直面させられるものです。お金のことを考えるということは、同時に家族のことを考えるということにもなるでしょう。もちろん、さまざまなライフスタイルがあり、一人暮らしの方もいらっしゃいますが、どのようなライフスタイルでも、お金とどう向き合うかは、自分の人生とどう向き合うかとイコールでもあると感じました。私にとっては、いかに多く貯めるかよりも、どう生きたいか?と問われているように感じる作品でした。

三千円の使いかた(原作小説)を1番安く読むならebookjapan

 
三千円の使いかた(原作小説)を最安値で読む電子書籍サービスについて、お伝えしてきました。
 
「三千円の使いかた」を読むなら、オススメは、「ebookjapan」です。
 
世界最大級の電子書店で安心だし、何より、読みたい漫画が全部揃っています。また、キャンペーン中なので、初回登録で、70%OFFクーポンがもらえちゃいます!
 
キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので、ご注意ください
 
オトクに利用するなら、今がチャンスなので、今すぐ利用してみてください。

結論
三千円の使いかたを読むなら
オススメは
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

▲ 今なら70%OFFで読める! ▲
 
今なら、初回登録時にもらえる
70%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます