ベルセルク(漫画)全巻を1番安く読む方法|単行本が安い電子書籍サービスも

人気漫画「ベルセルク」の全巻を1番安く読む方法単行本が安い電子書籍サービスがどこなのか、お伝えいたします。

・全巻を1番安く読みたい!
・今すぐ、一気読みしたい!
・試し読みして、続きも読んでみたい!
そんな方のために、1番安い電子書籍サービスをまとめました。
結論
「ベルセルク」
を1番安く読むなら
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

▲ 今なら70%OFFで読める! ▲
 
今なら、初回登録時にもらえる
70%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

ベルセルク全巻を1番安く読める電子書籍サービスはどこ?

オススメ度 内容
ebookjapan 6回使える70%OFFクーポンで、お得に読める。世界最大級の電子書店で安心
コミックシーモア 初回70%OFFクーポンあり。女性向けの漫画が強い
Amebaマンガ 100冊40%OFFクーポン500円OFFクーポンがもらえる
まんが王国 毎日最大50%ポイントが還元される
DMMブックス 70%OFFクーポンがもらえる
U-NEXT 初回登録で、1冊無料で読める
コミック.jp 初回登録で、2冊無料で読める

 
Amazonや書店で購入すると、定価になりますが、これらの特典を利用すれば、漫画「ベルセルク」は1番オトクに読めちゃいます!
 
中でもebookjapanは、使いやすくて、オトク!
 
初回登録でもらえる70%OFFクーポンがあるので、「ベルセルク」をかなりオトクに読むことができます!

▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

▲ 今なら70%OFFで読める! ▲
 
今なら、初回登録時にもらえる
70%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

ベルセルク全巻をお得に安く読む方法

 ebookjapan


 
ebookjapanは、月額料金は一切かからず、本を買うごとにお金を払うサービスです。
 
ebookjapanでは、初回登録で、6枚の70%OFFクーポンがもらえます!
 
有効期限は60日間で、1回のお買い物で、最大500円まで割引できます。
 
1番オトクに利用するなら、1回のお買い物で、漫画2冊を購入するのがオススメ

クーポン使用例
クーポンなし 70%OFFクーポン
473円(税込)×1冊
473円
142円
(331円の割引)
473円(税込)×2冊
946円
284円
(662円の割引)
473円(税込)×3冊
1419円
426円
(993円の割引)
473円(税込)×4冊
1892円
568円
(1324円の割引)
ebookjapanは、世界最大級の電子書店と言われており、漫画の配信数が圧倒的に多く、30万冊以上も配信しております。
 
他の電子書籍サービスで扱っていない漫画でも、ebookjapanでは扱っているということがよくあります。
 
特集された漫画は無料で読めたり、90%引きなどもあるので、かなりお得に読むことができるので、コスパ最強の電子書籍サービスです。
 
ネットで漫画を読みたいとき、迷った場合は、ebookjapanを選べば間違いないです!
 
▼ 今なら70%OFFクーポンもらえる! ▼

 Amebaマンガ


 
Amebaマンガでは、無料登録すると、漫画100冊まで使える40%OFFクーポンがもらえます!
 
Amebaマンガのすべての漫画が対象となるクーポンなので、なんと最新巻にも使えちゃうんです!


有効期限は登録後72時間以内なので、注意が必要です。
 
また、LINEに登録すると、毎週、10%OFFクーポンがもらえるキャンペーンも実施中です。
 

 
大量のマンガをまとめ買いしたいという方にとって、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ 100冊までなら40%OFF! ▼

 コミックシーモア


 
コミックシーモアでは、無料登録すると、70%OFFクーポンがもらえます!
 


また、月額登録を行うと、後日、月額料金が全額還元され、実質無料で利用することができます。
 
コミックシーモアは、先行配信があっていち早く読めるし、テレビCMでもおなじみで安心で、1番オトクなので、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ 最大20000ポイントで実質無料 ▼

 まんが王国


 
まんが王国では、毎日最大50%のポイント還元が行われています。
 
ポイント購入で最大30%のポイント還元があり、ポイントの使用でも最大20%のポイント還元があるので、合わせて最大50%のポイント還元があってお得!
 

 
コミックが中心で11万冊以上の取り扱いがあるので、コミックをお得に読みたいという方にとって、オススメの電子書籍サービスです。
 

▼ 毎日最大50%還元! ▼

 DMMブックス


 
DMMブックスでは、初回購入の方限定で、70%OFFクーポンがもらえます!
 
割引の上限金額は3000円ですが、1回のお買い物で、最大3000円まで割引できます。
 

 
他の電子書籍サービスと同じで登録は無料なので、他の電子書籍サービスと合わせて、初回70%OFFクーポンを使ってみると、かなりお得に利用できます
 

▼ 初回70%OFFクーポンもらえる! ▼

 U-NEXT


 
U-NEXTは、無料登録すると、600ポイントがもらえ、漫画1冊が無料で読むことができます!
 
漫画を購入すると、最大で40%のポイントが還元されます。
 
また、U-NEXTは、漫画などの電子書籍だけでなく、アニメ、ドラマ、映画など21万本以上の動画を見放題で視聴することができます。
 
マンガだけでなく、アニメ、ドラマ、映画などの動画も楽しみたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 

▼ マンガ1冊無料で読める! ▼

 コミック.jp


 
コミック.jpでは、30日間の無料体験ができる「コミック.jp 1000コース」にお試し登録すると、1350円分のポイントがもらえます!
 
このポイントを使えば、漫画2冊が無料で読むことができます。
 
30日間の無料体験後の月額プランはこのようになっています。

コース名 月額料金(税込) 付与ポイント
500コース 550円 650円分
1000コース 1,100円 1,350円分
2000コース 2,200円 2,700円分

お試し登録で2冊のマンガを無料で読むことができるので、まずは、お試ししてみてはどうでしょうか?
 

▼ マンガ2冊無料で読める! ▼

ベルセルクの概要

作品名 ベルセルク
作者 三浦建太郎
出版社 白泉社
掲載誌 ヤングアニマル
ジャンル 青年マンガ
公式サイト https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/127562/

 あらすじ

大ヒット!!圧倒的迫力の叙事詩!!
 
巨大な剣を背負い、鉄の義手をつけた剣士・ガッツ。彼の行くところ、血の雨が降り、死体の山が築かれる…!大ヒット!!圧倒的迫力の叙事詩!!
 
引用元:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/127562/

 感想

30代男性

この漫画の魅力は、ひと言でいうと「迫力」です。具体的には、3つの迫力が魅力的で、1つ目が主人公の迫力です。主人公のガッツが敵と戦うさなか力を手に入れるのと引き換えに自分の身を滅ぼしていくのがあとてつもない絶望感として伝わってきます。何のためにこんなに戦うのか、それほど大切なものなのかと主人公の生き様がとてつもない迫力として伝わってきます。とても凄く感情を揺さぶられます。敵の迫力もそうです。非常に禍々しい気迫、オーラさえも伝わって来るような感じさえしてしまいます。そのような敵から伝わってくる圧倒的な絶望感は、主人公は生き残れるのかという不安を煽ってきます。主人公の圧倒的勝利感、主人公補正でいずれは勝つのだろうななんて安心感は以ての外で、この作品は主人公ガッツが生き残れるのか、傷つくガッツとともに心身を蝕まれていく思いで読みました。それでも人外化せずに人間としての部分を残すのは最愛の人の為に戦っているからなんでしょう。直接的でないこのような間接的な愛の描き方もまた感慨深いものがありますし、私はこうゆう描き方はとても好きです。また、それを支える絵の迫力というのは、精緻でありながら線1本1本にまで魂が籠っています。本当に人生をかけて描いてたのでしょう。
他の感想はこちら

40代男性

まず他の他マンガとは比較出来ない程、1コマに対する書き込みの量が凄まじいです。話が進むにつれて作者の画力が向上していくのも感じますが、最初から1コマに対する書き込みの量がすごいです。表情の書き込み方も巧く、元々無口で無骨、無愛想な主人公ガッツの言葉には出さないけど表情で伝える様なコマの書き方も見ていて物語に引き込まれていきます。幼少期から段々成長していくなかで救いようの無いくらい辛い目に会いながらも成長し自分の生き様を貫いていくガッツに心打たれます。登場する女性キャラクターも殆どがガッツに惚れていきますが、これは惚れてしまうのも仕方ない、と思わせるようなカッコ良さの表現も上手いと思います。絶望感のあるシーンは本当に絶望的で夢に出てくるんじゃないかと思わせる様な、どんな脳みそがあったらこんなやばい表現が出来るのだろう、と思うほど救いようのない場面もベルセルクならではだと思います。逆に性的なシーンや表現もバトルファンタジーものにしては多く感じますが、どちらかと言えば美しい表現や見ていて鬱になる様な表現が多く露骨なエロは少ないと感じました。魔法や宗教なども良く考察されていて矛盾的なものもなく読みやすいです。ライバルとも言える存在グリフィスとガッツの比較も見るほどに仲間として一緒に目指していた頃と同じ様で全く正反対に離れていってしまうところも見どころだと思います。作者が完結出来ず亡くなられたのも合わせて、このキャラクターは本当はこうなっていたのか?など完結することの無い作品ならではの楽しみ方も出来ると思います。

20代男性

私にとってベルセルクは青年漫画としてこれ以上ない程の最高傑作であり、この漫画を読んで感じたことは4つあります。まず一つ目は画力です。第一巻から、作者の三浦先生の圧倒的な画力が読者を引き込んでいます。個人的には13巻付近の蝕篇が最高潮だと思います。とはいえ、三浦先生亡き後の森先生が監修している画風も素晴らしいと思いますが。二つ目は物語の構成が他の作品と比べてズバ抜けている点です。実は、第一巻から第三巻ぐらいまでは、よく分からない用語や含ませのある展開が何回か出てきますが、それでも飽きさせない。後の黄金時代篇から蝕篇を読み終わったときに、「そういうことだったのか!」と衝撃を受けるのはこの作品ぐらいだと僕は思ってます。三つ目は、敵として主人公「ガッツ」の前に立ちはだかる強敵たちがとても恐ろしく、臨場感がある点です。少年が読むにはあまりにもグロテスクな描写もありますが、存在しない怪異の臓物や筋肉の描写が、まるで我々の世界に飛び出してきそうなくらいリアルで僕は大好きです。この作品を読んでから他の漫画の妖怪的なキャラクターを見るとかわいいとすら思えます。四つ目は主要人物たちが人間くさいという点です。定番なファンタジーにあるような正義感を気取ったキャラクターが一切登場せず、キャラクターがそれぞれの欲望のままに殺しあい、舐りあう描写がとても胸に迫ります。私は全巻読みましたが、23巻あたりまでなら、読んでおいて損はないと思います。

40代男性

先日連載中であるこのベルセルクの作者が亡くなったことで有名になったそんな作品ですが、その後どのように連載を続けていくのかといったようなところに注目が集まっています。さて私たちが子供の頃から読んでいた漫画というものは作者が当たり前に連載が終わるまで死なないということは事実として疑う余地もなくあるもので、その連載の途中で作者がなくなってしまうということなど想像だにしなかったものです。しかし昨今このように漫画家も高齢化してきており、返済が長引けば長引くほど作者が連載中途中で亡くなってしまうということも往々にしてありえるのだというところに改めてはっとさせられる思いがするものでありました。この亡くなったベルセルクの作者のように同じく今後連載中の作者が突然死するということも考えなくてはいけないのではないかと漫画とどのように向き合うのかというような読者の姿勢も変わるのではないかと思うのです。連載中の漫画を改めて読むのではなく、もう連載が完結し全て全話完結している漫画を改めて新しく読もうとするような人も増えるのではないかとそういった新しく漫画を読もうとする人の姿勢なども変わるのではないかと思えたのです。作者が死んでしまったことにより、本当にその物語を継承をしてスタッフが先走って全く作者の思わぬ形で作品が完結されてしまうのかもしれないという、死人に口なしというものが漫画として反映されてしまう恐れもあると感じるからです。

30代男性

前半、かなり衝撃的な絵が描かれます。グロテスクでもありますのでそれが苦手な方は避けておいた方がいいでしょう。ストーリー展開が進むにつれてグロテスクな表現は減っていきます。もともとダークファンタジーですがダークな部分がかなり和らぎますので、私はそのような表現が苦手で前半少ししんどかったのですが後半はストーリー性の面白さを楽しめました。またそれに加えてキャラクターが後半から豊富になりほっこりしたシーンも多くなるので10巻前後までとその後で全く別の漫画のようになります。この漫画の面白さは主人公であるガッツの純粋さでしょう。友に対しても、またキャスカに対しても一途で純粋です。肉体的な強さに比べて内面の揺らぎがとてもよく描かれています。さらに人間界に君臨するボス的存在を白色、ガッツは外界を旅する存在で黒色をシンボルカラーにしておりそれぞれの正義と悪の二面性が表現されていて話を読み進めるごとに新たなテーマが出てきたりテーマが掘り下げられていきます。そのストーリー展開は心地良いもので展開は目まぐるしく変わっていくのですが読み飛ばすと全く別の漫画のようになってしまい1つの作品でありながら多数の側面を持つ作品になっています。

30代男性

この作品を初めて読んだのはアニメがきっかけだったんですが主人公ガッツが持っているばかでかい剣がすごく気になって、どんどん興味が湧いてきました。個人的に1番好きなのはやっぱり主人公のガッツですね。無鉄砲で怖いもの知らずと言う性格は本当にザ・主人公ぽくてかっこいいんです。しかし、鷹の団のグリフィスとの決闘で負けてしまい仕方なく鷹の団に入ることになってしまうのですが、その決闘の場面が個人的にはめちゃくちゃ大好きですね。ガッツに対して、今までは誠実な男と言う印象があったのですが、その時のバトル展開は本当に卑怯な場面が多くて若干引いてしまいました。でも結局は相手の団長であるグリフィスに卑怯な作戦でも上回われて負けてしまうので本当に笑えました。あとベルセルクのバトルで印象的なのは、やっぱりキャラクターたちが本当に傷を負って痛そうだと感じる部分ですかね。流血表現など本当に血が流れてる感覚を読み手に抱かせることができる作者の漫画家としての技量は本当に凄いなと言うふうに常々感心してしまいます。従って、この作品を完結まで読みたかったのですが作者が亡くなってしまったと言うところがすごく悔やまれますね。生前作者が残したシナリオをもとに完結まで描くらしいのですが、どのような着地点を描いていくのかその点も非常に気になる部分です。

ベルセルクを1番安く読むならebookjapan

 
ベルセルクの全巻を最安値で読む電子書籍サービスについて、お伝えしてきました。
 
「ベルセルク」を読むなら、オススメは、「ebookjapan」です。
 
世界最大級の電子書店で安心だし、何より、読みたい漫画が全部揃っています。また、キャンペーン中なので、初回登録で、70%OFFクーポンがもらえちゃいます!
 
キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので、ご注意ください
 
オトクに利用するなら、今がチャンスなので、今すぐ利用してみてください。

結論
ベルセルクを読むなら
オススメは
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

▲ 今なら70%OFFで読める! ▲
 
今なら、初回登録時にもらえる
70%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます