舞妓さんちのまかないさん(漫画)全巻を1番安く読む方法|単行本が安い電子書籍サービスも

人気漫画「舞妓さんちのまかないさん」の全巻を1番安く読む方法単行本が安い電子書籍サービスがどこなのか、お伝えいたします。

・全巻を1番安く読みたい!
・今すぐ、一気読みしたい!
・試し読みして、続きも読んでみたい!
そんな方のために、1番安い電子書籍サービスをまとめました。
結論
「舞妓さんちのまかないさん」
を1番安く読むなら
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

▲ 今なら70%OFFで読める! ▲
 
今なら、初回登録時にもらえる
70%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

舞妓さんちのまかないさん全巻を1番安く読める電子書籍サービスはどこ?

オススメ度 内容
ebookjapan 6回使える70%OFFクーポンで、お得に読める。世界最大級の電子書店で安心
コミックシーモア 初回70%OFFクーポンあり。女性向けの漫画が強い
Amebaマンガ 100冊40%OFFクーポン500円OFFクーポンがもらえる
まんが王国 毎日最大50%ポイントが還元される
DMMブックス 70%OFFクーポンがもらえる
U-NEXT 初回登録で、1冊無料で読める
コミック.jp 初回登録で、2冊無料で読める

 
Amazonや書店で購入すると、定価になりますが、これらの特典を利用すれば、漫画「舞妓さんちのまかないさん」は1番オトクに読めちゃいます!
 
中でもebookjapanは、使いやすくて、オトク!
 
初回登録でもらえる70%OFFクーポンがあるので、「舞妓さんちのまかないさん」をかなりオトクに読むことができます!

▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

▲ 今なら70%OFFで読める! ▲
 
今なら、初回登録時にもらえる
70%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

舞妓さんちのまかないさん全巻をお得に安く読む方法

 ebookjapan


 
ebookjapanは、月額料金は一切かからず、本を買うごとにお金を払うサービスです。
 
ebookjapanでは、初回登録で、6枚の70%OFFクーポンがもらえます!
 
有効期限は60日間で、1回のお買い物で、最大500円まで割引できます。
 
1番オトクに利用するなら、1回のお買い物で、漫画2冊を購入するのがオススメ

クーポン使用例
クーポンなし 70%OFFクーポン
473円(税込)×1冊
473円
142円
(331円の割引)
473円(税込)×2冊
946円
284円
(662円の割引)
473円(税込)×3冊
1419円
426円
(993円の割引)
473円(税込)×4冊
1892円
568円
(1324円の割引)
ebookjapanは、世界最大級の電子書店と言われており、漫画の配信数が圧倒的に多く、30万冊以上も配信しております。
 
他の電子書籍サービスで扱っていない漫画でも、ebookjapanでは扱っているということがよくあります。
 
特集された漫画は無料で読めたり、90%引きなどもあるので、かなりお得に読むことができるので、コスパ最強の電子書籍サービスです。
 
ネットで漫画を読みたいとき、迷った場合は、ebookjapanを選べば間違いないです!
 
▼ 今なら70%OFFクーポンもらえる! ▼

 Amebaマンガ


 
Amebaマンガでは、無料登録すると、漫画100冊まで使える40%OFFクーポンがもらえます!
 
Amebaマンガのすべての漫画が対象となるクーポンなので、なんと最新巻にも使えちゃうんです!


有効期限は登録後72時間以内なので、注意が必要です。
 
また、LINEに登録すると、毎週、10%OFFクーポンがもらえるキャンペーンも実施中です。
 

 
大量のマンガをまとめ買いしたいという方にとって、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ 100冊までなら40%OFF! ▼

 コミックシーモア


 
コミックシーモアでは、無料登録すると、70%OFFクーポンがもらえます!
 


また、月額登録を行うと、後日、月額料金が全額還元され、実質無料で利用することができます。
 
コミックシーモアは、先行配信があっていち早く読めるし、テレビCMでもおなじみで安心で、1番オトクなので、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ 最大20000ポイントで実質無料 ▼

 まんが王国


 
まんが王国では、毎日最大50%のポイント還元が行われています。
 
ポイント購入で最大30%のポイント還元があり、ポイントの使用でも最大20%のポイント還元があるので、合わせて最大50%のポイント還元があってお得!
 

 
コミックが中心で11万冊以上の取り扱いがあるので、コミックをお得に読みたいという方にとって、オススメの電子書籍サービスです。
 

▼ 毎日最大50%還元! ▼

 DMMブックス


 
DMMブックスでは、初回購入の方限定で、70%OFFクーポンがもらえます!
 
割引の上限金額は3000円ですが、1回のお買い物で、最大3000円まで割引できます。
 

 
他の電子書籍サービスと同じで登録は無料なので、他の電子書籍サービスと合わせて、初回70%OFFクーポンを使ってみると、かなりお得に利用できます
 

▼ 初回70%OFFクーポンもらえる! ▼

 U-NEXT


 
U-NEXTは、無料登録すると、600ポイントがもらえ、漫画1冊が無料で読むことができます!
 
漫画を購入すると、最大で40%のポイントが還元されます。
 
また、U-NEXTは、漫画などの電子書籍だけでなく、アニメ、ドラマ、映画など21万本以上の動画を見放題で視聴することができます。
 
マンガだけでなく、アニメ、ドラマ、映画などの動画も楽しみたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 

▼ マンガ1冊無料で読める! ▼

 コミック.jp


 
コミック.jpでは、30日間の無料体験ができる「コミック.jp 1000コース」にお試し登録すると、1350円分のポイントがもらえます!
 
このポイントを使えば、漫画2冊が無料で読むことができます。
 
30日間の無料体験後の月額プランはこのようになっています。

コース名 月額料金(税込) 付与ポイント
500コース 550円 650円分
1000コース 1,100円 1,350円分
2000コース 2,200円 2,700円分

お試し登録で2冊のマンガを無料で読むことができるので、まずは、お試ししてみてはどうでしょうか?
 

▼ マンガ2冊無料で読める! ▼

舞妓さんちのまかないさんの概要

作品名 舞妓さんちのまかないさん
作者 小山愛子
出版社 小学館
掲載誌 少年サンデー
ジャンル 少年マンガ
公式サイト https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/405438/

 あらすじ

温かな人間模様が描かれます
 
ここは京都のど真ん中にある花街。舞妓さんたちが深夜、お仕事を終えたあと帰ってきて、共同生活を送っているのは、「屋形」と呼ばれるおうちです。とある屋形で「まかないさん」として舞妓さんたちに毎日の食事を作っているのは、なんと弱冠16歳の少女・キヨ。彼女がまかないさんになったのには、ある意外な理由があって――。華やかな花街の舞台裏、普通の日のごはんを通して、温かな人間模様が描かれます。
 
引用元:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/405438/

 感想

50代女性

青森から上京してきたキヨちゃんとすーちゃんの関係性がとても素敵に描かれています。まかないさんのキヨちゃんは元々舞妓さん希望。しかし、あまりにもマイペースすぎてその道を諦めています。その一方、すーちゃんはメキメキと才能をみせて舞妓さんデビュー。キヨちゃんがそれを裏方として支える姿がいいです。また、すーちゃんもそんなキヨちゃんに支えられているということが分かっていて、名コンビです。また、もうひとりの幼なじみ、健太も重要なポジション。彼はキヨちゃんに恋をしています。ちょっと不器用なその姿と、のんびりとして彼の想いに気づいていないキヨちゃんもかわいいです。健太もまた京都まで上京し、キヨちゃんと同じ「食」にまつわる仕事につきます。この3人のそれぞれの関係性が実に巧みに描かれています。すーちゃんは健太が好き。でも、それを言ったら関係が壊れてしまうかも……。そんな甘酸っぱい恋模様が最新刊ではちょっと切なくなっています。個人的には最近ようやくお店出しできた理子ちゃんが好きです。登場当初は髪も短く、スポーツ少女といった面持ちだった彼女が、ちょっとずつ「はんなり」としていくのがいい感じ。多くのキャラクターが登場する本作ですが、どのキャラも魅力的でストーリーに惹き込まれます。
他の感想はこちら

40代男性

舞妓といえば京都の伝統文化の一つであり、本来の仕事である飲食の場での芸妓としての仕事だけではなく街を歩く様子で京都の景色に花を添えてくれる彼女達ですが、その実生活についてはほとんど語られることはありません。本作は舞妓の仕事に就いている少女たちの日常生活や彼女達が所属する舞妓置屋の仕組みなど華やかな世界の裏側を描いた作品です。主人公キヨはマイペース過ぎる性格のため舞妓になることができませんでしたが、家庭料理を始めとした家事能力全般に優れていたことで置屋内の家事全般を行うまかないさんとして残留することとなります。共に生活をする少女たちはキヨが目標としていた舞妓となりますがそんな彼女たちをうらやむでもなく、まして自らを嘆くでもなく明るく元気にまかないの仕事をこなす彼女の姿は読んでいて非常に気持ち良いです。一方、すみれたち舞妓の少女たちもキヨがひたむきにまかないの仕事に取り組む様子に刺激を受けているようで、より真剣に芸妓への道を邁進することを志します。時には年相応の悩みや喧嘩などでぶつかることもありますが、互いに自然に良い影響を与え合うことができる彼女達の関係も読んでいて楽しいです。本作を通して日本の伝統文化や芸能の良さを知ることができると思います。

50代男性

これが少年サンデーで連載されているのがちょっと興味深いですね。確かに少女漫画のジャンルではないし、女の子が主人公だけど、シビアな職業漫画だなという気がしています。夢を持って青森から京都の花街の屋形にやってきた舞妓志願のキヨ。しかし、残念ながら舞妓としての才能が認められず、ふとしたことから屋形の「まかないさん」にジョブチェンジしたのです。キヨは屋形で暮らす女の子たちのおさんどんから生活全般の面倒を見て家事を切り回す日々です。まかないさんのメインのお仕事は沢山の料理を作ること。その買い出しや献立を考えることなど、17歳の女の子が凄いな、と思って読んでいますが、この日々のメニューが本当に美味しそうです。話題になっているレシピ漫画は多々ありますが、これだけの量をこのクオリティで作るのは凄い重労働です。先代のおばちゃんも凄いけど、逃げ出さずにこの仕事を続けているキヨちゃんは素晴らしいと思います。さて、この作品の見どころの一つは、表では一分の隙も無い装いでいる舞妓さん、芸妓さんたちの日常がつぶさに描かれているところです。きれいに結ってもらった日本髪のままで着物を脱いでパジャマやガウン姿でわちゃわちゃしている女の子たちは、年頃の少女のまま。冷蔵庫にあったはずの一つのアイスクリームを巡ってケンカするとか、寮生活あるあるです。そんなギャップがとても楽しいですね。着物の細密な描写や、襟足や微妙な日本髪の美しさ、如何にそれを堅持していくことが大変なのか、ということが伝わってきて、物語にずしりとした重みが加わっています。年頃の女の子の物語ではあっても、キラキラした夢と希望だけでなく、シビアなお仕事の話が詰まったマンガです。キヨちゃんが、彼女自身の幸せを追求していって欲しいなと思います。

30代男性

セリフのない箇所が沢山あるのに、情景と、気持ちと、物音が聞こえてきそうな暖かい絵。トーンがあまり使われていないせいもあるかもしれませんが。舞妓さんの手つき、姿勢、視線、この3点で舞妓さんの可愛らしさ、優美さ、しおらしさが出ています。そしてそんな可愛らしさの中に、年相応の女の子の一面がオフの時に出て、とても良いと思いました。賄いさんのキヨが温かいご飯を素朴なメニューを振る舞うのはほっこりしました。青森の田舎出身の純朴な主人公が中学卒業してすぐに親友と共に舞妓さんを志し上京するも、あまりの不器用さにクビを言い渡されてた所に置屋の賄いに欠員がてき舞妓さんになる夢を諦め、舞妓さんをサポートする側になります。置屋の若い賄いさんの淡々とした日常のお話ですが、主人公の不器用ながら決してごまかしたりずるをしない丁寧な仕事ぶりや、優秀な裏に人一倍の努力を惜しまない親友との互いを思いやる気持ちに何度も心がじんわり温かくなったり、主人公の置かれた環境に切なくなります。日々を健気に丁寧に送る姿を相手に思いやり作られた食事に、疲れたりイライラしたりしていた周りの置屋のお母さんや舞妓さんたちの大切な事に気付かされたりして癒やされました。

20代女性

舞妓になりたくて市の屋形に入ったキヨが、才能がなく郷里に帰されかけるも、まかないとしての自分の仕事・居場所を見つけ、成長していく姿に感動しました。高校生の年齢でありながら、ほとんど毎日をまかないとして食事を作って過ごすため、グルメ漫画として楽しめるものです。さらに、買い出しや月に1度の休日のお出かけを通して地元の住民とも親しくなっていきます。一緒に屋形に入った幼なじみで、同期の舞妓のエース格でもあるすみれをひたむきに支えるキヨ、キヨを気にかけ続けるすみれの関係性がとても好みで、一つ一つに思いやりがこもったやりとりが心に響きます。住民の幼馴染である、健太、すみれ、キヨの三人の関係にも少しずつ変化が起きています。「いつまでも3人で」とは思いつつも、すみれの片思い、すみれを応援する百子さんやキヨの思いやりが報われるのか、健太の片思いはどうなるのか。三角関係ながらもドロドロしていない、あくまでも友達の三人がもどかしいです。現代の物語は、時間を遡って「おかあさん」と百子さんの舞妓時代の回想に移りました。なぜか出身である市の屋形をさける百子さん、それをとやかく言わないおかあさんの過去に何があったのかが明かされると思うと、この先がとても気になります。

20代女性

舞妓さんの生活に浸ることができる作品で、終始ほっこりした雰囲気で大好きです。興味はあってもなかなか知る機会がないのが花街の生活だと思いますが、この作品は言葉遣いや身支度といった生活の描写が丁寧なので、花街の世界をより身近に体感することができると思います。登場人物もみんな個性があり、それぞれの視点も楽しめます。主人公と幼なじみの関係性も素敵です。タイプの違うふたりですが言葉にしなくても通じ合うような時もあれば、お互いに気を許しているからこそ譲れないところもあったりして、自分の学生時代と重ねてしまうことも多いです。若くして地元を出て慣れない環境で頑張っている子ばかりなので、たまに弱みを見せた時には胸を打たれてしまいました。また、「まかないさん」というタイトル通り、家庭料理から買い食いまでほぼ毎話ご飯の描写があるのですが、それが毎回とても魅力的に描かれており、読んだ後には同じものを食べたくなります。料理好きの主人公が段取り良く献立を並べていくところに不思議と爽快感を覚えました。日常生活を描く作品が好きな方や、京都に興味がある、おいしいものや可愛らしいイラストが好きという方に特におすすめです。ぜひ読んでみてください!

舞妓さんちのまかないさんを1番安く読むならebookjapan

 
舞妓さんちのまかないさんの全巻を最安値で読む電子書籍サービスについて、お伝えしてきました。
 
「舞妓さんちのまかないさん」を読むなら、オススメは、「ebookjapan」です。
 
世界最大級の電子書店で安心だし、何より、読みたい漫画が全部揃っています。また、キャンペーン中なので、初回登録で、70%OFFクーポンがもらえちゃいます!
 
キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので、ご注意ください
 
オトクに利用するなら、今がチャンスなので、今すぐ利用してみてください。

結論
舞妓さんちのまかないさんを読むなら
オススメは
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

▲ 今なら70%OFFで読める! ▲
 
今なら、初回登録時にもらえる
70%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます