親愛なる僕へ殺意をこめて(漫画)全巻を1番安く読む方法|単行本が安い電子書籍サービスも

人気漫画「親愛なる僕へ殺意をこめて」の全巻を1番安く読む方法単行本が安い電子書籍サービスがどこなのか、お伝えいたします。

・全巻を1番安く読みたい!
・今すぐ、一気読みしたい!
・試し読みして、続きも読んでみたい!
そんな方のために、1番安い電子書籍サービスをまとめました。
結論
「親愛なる僕へ殺意をこめて」
を1番安く読むなら
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

▲ 今なら70%OFFで読める! ▲
 
今なら、初回登録時にもらえる
70%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

親愛なる僕へ殺意をこめて全巻を1番安く読める電子書籍サービスはどこ?

オススメ度 内容
ebookjapan 6回使える70%OFFクーポンで、お得に読める。世界最大級の電子書店で安心
初回70%OFFクーポンあり。女性向けの漫画が強い
Amebaマンガ 100冊40%OFFクーポン500円OFFクーポンがもらえる
まんが王国 毎日最大50%ポイントが還元される
DMMブックス 70%OFFクーポンがもらえる
U-NEXT 初回登録で、1冊無料で読める
コミック.jp 初回登録で、2冊無料で読める

 
Amazonや書店で購入すると、定価になりますが、これらの特典を利用すれば、漫画「親愛なる僕へ殺意をこめて」は1番オトクに読めちゃいます!
 
中でもebookjapanは、使いやすくて、オトク!
 
初回登録でもらえる70%OFFクーポンがあるので、「親愛なる僕へ殺意をこめて」をかなりオトクに読むことができます!

▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

▲ 今なら70%OFFで読める! ▲
 
今なら、初回登録時にもらえる
70%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます

親愛なる僕へ殺意をこめて全巻をお得に安く読む方法

 ebookjapan


 
ebookjapanは、月額料金は一切かからず、本を買うごとにお金を払うサービスです。
 
ebookjapanでは、初回登録で、6枚の70%OFFクーポンがもらえます!
 
有効期限は60日間で、1回のお買い物で、最大500円まで割引できます。
 
1番オトクに利用するなら、1回のお買い物で、漫画2冊を購入するのがオススメ

クーポン使用例
クーポンなし 70%OFFクーポン
473円(税込)×1冊
473円
142円
(331円の割引)
473円(税込)×2冊
946円
284円
(662円の割引)
473円(税込)×3冊
1419円
426円
(993円の割引)
473円(税込)×4冊
1892円
568円
(1324円の割引)
ebookjapanは、世界最大級の電子書店と言われており、漫画の配信数が圧倒的に多く、30万冊以上も配信しております。
 
他の電子書籍サービスで扱っていない漫画でも、ebookjapanでは扱っているということがよくあります。
 
特集された漫画は無料で読めたり、90%引きなどもあるので、かなりお得に読むことができるので、コスパ最強の電子書籍サービスです。
 
ネットで漫画を読みたいとき、迷った場合は、ebookjapanを選べば間違いないです!
 
▼ 今なら70%OFFクーポンもらえる! ▼

 Amebaマンガ


 
Amebaマンガでは、無料登録すると、漫画100冊まで使える40%OFFクーポンがもらえます!
 
Amebaマンガのすべての漫画が対象となるクーポンなので、なんと最新巻にも使えちゃうんです!


有効期限は登録後72時間以内なので、注意が必要です。
 
また、LINEに登録すると、毎週、10%OFFクーポンがもらえるキャンペーンも実施中です。
 

 
大量のマンガをまとめ買いしたいという方にとって、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ 100冊までなら40%OFF! ▼

 コミックシーモア


 
コミックシーモアでは、無料登録すると、70%OFFクーポンがもらえます!
 


また、月額登録を行うと、後日、月額料金が全額還元され、実質無料で利用することができます。
 
コミックシーモアは、先行配信があっていち早く読めるし、テレビCMでもおなじみで安心で、1番オトクなので、オススメの電子書籍サービスです。
 
▼ 最大20000ポイントで実質無料 ▼

 まんが王国


 
まんが王国では、毎日最大50%のポイント還元が行われています。
 
ポイント購入で最大30%のポイント還元があり、ポイントの使用でも最大20%のポイント還元があるので、合わせて最大50%のポイント還元があってお得!
 

 
コミックが中心で11万冊以上の取り扱いがあるので、コミックをお得に読みたいという方にとって、オススメの電子書籍サービスです。
 

▼ 毎日最大50%還元! ▼

 DMMブックス


 
DMMブックスでは、初回購入の方限定で、70%OFFクーポンがもらえます!
 
割引の上限金額は3000円ですが、1回のお買い物で、最大3000円まで割引できます。
 

 
他の電子書籍サービスと同じで登録は無料なので、他の電子書籍サービスと合わせて、初回70%OFFクーポンを使ってみると、かなりお得に利用できます
 

▼ 初回70%OFFクーポンもらえる! ▼

 U-NEXT


 
U-NEXTは、無料登録すると、600ポイントがもらえ、漫画1冊が無料で読むことができます!
 
漫画を購入すると、最大で40%のポイントが還元されます。
 
また、U-NEXTは、漫画などの電子書籍だけでなく、アニメ、ドラマ、映画など21万本以上の動画を見放題で視聴することができます。
 
マンガだけでなく、アニメ、ドラマ、映画などの動画も楽しみたいという方に、オススメの電子書籍サービスです。
 

▼ マンガ1冊無料で読める! ▼

 コミック.jp


 
コミック.jpでは、30日間の無料体験ができる「コミック.jp 1000コース」にお試し登録すると、1350円分のポイントがもらえます!
 
このポイントを使えば、漫画2冊が無料で読むことができます。
 
30日間の無料体験後の月額プランはこのようになっています。

コース名 月額料金(税込) 付与ポイント
500コース 550円 650円分
1000コース 1,100円 1,350円分
2000コース 2,200円 2,700円分

お試し登録で2冊のマンガを無料で読むことができるので、まずは、お試ししてみてはどうでしょうか?
 

▼ マンガ2冊無料で読める! ▼

親愛なる僕へ殺意をこめての概要

作品名 親愛なる僕へ殺意をこめて
作者 井龍一、伊藤翔太
出版社 講談社
連載誌 ヤングマガジン
ジャンル 青年マンガ
公式サイト https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/473157/

 あらすじ

人生は楽しんだもん勝ち
 
「人生は楽しんだもん勝ち」がモットーの大学生・浦島エイジ。だが彼は、人には言えない“過酷な運命”を背負っていた。その現実と向き合った時、彼は惨劇に巻き込まれていく―――。
 
引用元:https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/473157/

 感想

20代女性

二重人格である主人公が、もう一人の自分自身に対して怯えながらも対峙していくというストーリー内容となっていて非常に面白かったです。とにかくストーリー設定がユニークで展開も読めないため、読んでいて全く飽きのこない癖になる作品でした。作画も綺麗に仕上がっていたため、より読みやすさも向上していたように感じます。それくらいマイ用と作画が絶妙にマッチしていて、その世界観が大好きでした。一つの出来事に対して真剣に向き合ってやっとのことで解決したとしてもまた次の衝撃的「真実」に遭遇してしまう彼に対しては、頑張れと応援したくなってしまいます。二重人格と単に言ってもその二つの顔が全くの逆として描かれていたこともまた、ストーリーを面白くしていたように思います。グロイシーンもうまく組み込みながら、衝撃的なサスペンスストーリーが進んでいくので、ハラハラドキドキが止まらなかったです。刑事がもがく中、やはり主人公の方が頭がキレていて頭の良さが抜きん出ていたのも良かったです。ラストももちろん衝撃的なものになっていて、納得の終わり方だったので大満足でした。ミステリー、サスペンス、ダーク系、怖い系の漫画作品に興味があるという人にはぜひおすすめしたいです。
他の感想はこちら

30代男性

なかなかストーリーが面白くて惹かれてしまう作品です。とにかくどうなってしまうのかわからない感じがたまらなくてドキドキハラハラしながら読み進めてしまいます。やたらと拷問シーンが見られてしまうから女性の人とか血が苦手な人にはきついかもしれませんが、それを含めて普通に面白くて話にひかれてしまうんですよね。読めば読むほどにストーリーがおもしろいから惹かれてしまいます。今後の展開がすごくきになってしょうがない。危ない奴らがたくさん出てくるんだけど、本当にいちばんやばいのは自分だったらみたいなシュチュエーションがあってどきどきしちゃいます。見応えある作品だからぜひたのしんでほしいですね。大好きなヒロインを自分で殺めてしまうかもしれないって考えたら、自分がもし主人公だったらと思ったらとにかくあおざめてしまえくらいにびびってしまいますよ。でも、彼女がメチャクチャ可愛らしくてこんなにいい子だったらいいなぁを見事に描いてくれて、ぜひしあわせにしてあげてほしいとおもいました。二重人格って考えたらメチャクチャ怖いですよね。知らないところで自分が勝手に動いちゃうとか想像したらやばすぎました。見ていて普通にハマってしまう。

50代女性

まず、作者の伊藤翔太先生の絵が写実的にめちゃめちゃ上手くて、特に女の子(ヒロインの京花)の描写が素晴らしく、最初はラブコメかと思われるような展開が続きましたが、少しずつ小さな違和感が積もり始めて、その向こう側には予想を超えた修羅場が展開し始めていきます。そして主人公のエイジが…明るい表情の向こう側に抱えてきた壮絶な過去と、それによって巻き起こされる現在の不可解で不条理な事件に、戸惑いながらも立ち向かっていくことを選択していくプロセスが凄い。エイジは、しかし自分が生きていることで他者に意図せず害を与えていることを知らず…そうした伏線がじわじわと読む側にいろんな影響を与えていき、それがある時に堰を切ったように溢れ出す、というドラマチックな展開が続きます。グロい事件やその描写にくじけそうになることもありますが、それを乗り越えた先に、エイジが”取り戻す”べき本当の彼の人生が待っているのです。実の父親と、大切な恋人と、今の家族と…自分を理解してくれる数少ない人…わずかな手掛かりをもとに掘り下げていった先に見つかった”真実”は、読者にとっても、そしてエイジ本人にとっても全く予期することができない…驚愕としか言いようのないものでした。これは、エイジの失われた人生と10数年間という時を取り戻すための壮絶な戦いの記録なのです。

30代女性

最初は、読めば読むほど謎が深まっていってどんどん読むのが止められなくなりました。1度読んでしまえば、イッキ読みしたくなります。ドラマ化もされていますが、やっぱり漫画の方が詳しく丁寧に書かれているので、漫画を読むべきだなと感じました。とにかく、主人公を含め、登場人物全員が何かしら事件に関係していたりするので面白いです。特に、中盤から京花ちゃんが事件に関わっていたことが発覚してくるんですが、そこが個人的には好きです。えっ!?という展開の連続で、まさかこの人がこんなことを…という予想を裏切る展開がいくつも待ち受けています。全11巻でしたが、読み切ったあとはなんとも言えない喪失感もありました。LLの息子として生きてきたエイジ君が、どれだけ辛い想いをしてきたのかも分かってきて本当に切なかったです。最後には、本当の真犯人も分かってきたりするので、ラストスパートは見逃せないと思います。犯人が分かると、また最初から読み返したくなってしまいました。サイコパスでスリラーな作品ではありますが、読んで損はない漫画です。ハラハラドキドキが好きな人には、かなりハマれる漫画だと思います。男子だけじゃなく、女子にもオススメです。

30代男性

相次ぐどんでん返しに目が離せず、漫画喫茶で一気読みしてしまいました。過去に日本を震撼させ殺人鬼LLを父にもつ主人公浦島エイジと、同じ大学の雪村京花を始めとしたエイジを取りまく関係者。彼らの周りで起きていく事件が目まぐるしく展開していく様は圧巻です、また一見事件とは何も関係が無さそうな日常の何気ない描写が序盤でいろいろと描かれているのですが、終盤になるにつれその何気ない場面が事件とつながっていく、伏線回収される場面は鳥肌ものです。最近ドラマ化もされたこの機会にぜひ一度読んでいただきたい作品!原作者と作画の方が判れているのですが、回を追うごとに画力が上がっているのも見どころになるかと。一点だけ注意するとなれば、冒頭から最終クライマックスまで結構グロきつめの描写が多いです。。。ドラマは幾分かマイルドになっているかと思いますが、ドラマと同程度のものかなあ、と思われ、手に取られる方は、ご自身のグロ耐性と相談した上でお読みになるのが良いかと思います。自分の中でも久々にヒットしたサスペンス漫画でした、ぜひとも一読しはまってもらえればと思います。同じ原作者・作画ペアで現在別のサスペンス漫画も描かれており、そちらもおすすめです!

30代女性

はじめのシーンで純粋なえいいちがでできたので彼が主人公だと思って出会う登場人物のことを見ていましたが、物語が進むにつれて明らかになる違和感がまさかの多重人格によるもので、初めに登場していた人格が作られた偽物なのには驚きました。完全ではないとはいえ、もう一つの人格をある程度コントロールできるのはすごい、裏社会のボスと思っていた人物がただの個まで、むしろ善人のようになりながら前任のように近くにいた人物がまさかのLLを模倣した犯人であったり簡単に殺人が起こる物語だなって思います。それもビイイチの視点から見るとこれまでしろだったひとが黒になるまるでオセロのような展開に何度も読み直したくなる、いろんな立場から物語を考察できる作品だと思います。殺人鬼並みに冷酷だったビイイチが人に夢を与えて、父親の無実を信じていたが故の優しい行動が残っているのがなぜかエイイチと似ていないのが不思議です。同一人物なのに多重人格はそこまで違うんだという発見にもなりました。女性刑事の秘密が秘密である点と年の離れた上司とのすれ違い恋愛は正直どうでもよかったかなって気がします。でもすべての登場人物に人物なりの行動に至る背景があったことがわかって深みのある漫画です。

20代女性

ミステリー要素、サスペンス要素、人間ドラマ要素が含まれている作品で、ダーク系ながらも非常に深みのあるストーリーとなっていてとても面白かったです。二重人格である主人公がもう一人の恐ろしい自分に対して怯えながらも対峙していく内容となっており、ストーリーが進んでいくにつれてどんどんもう一人の彼がやってしまった事実がなんなのか、どこまでが彼の責任であるのか、彼の周りに取り巻く登場人物がどのような出来事を起こしてきたのか、気になる展開がたくさんあって徐々にはまっていってしまいます。しかしストーリーの展開するテンポがとてもいいので読みやすく、楽しめました。特に自分の家の押し入れから大金が見つかった時には、どのような事実がこれからわかっていくこととなるのか気になって仕方がありませんでした。一つのことを解決したと思いきやまた新たな問題が浮上する展開で読んでいて全く飽きなかったです。まさかのラストにも圧倒させられます。静謐感あふれるシーンとなっており、漫画作品ながら涙なしでは読み終えることができなかったくらいグッと刺さるものがありました。最初から最後まで大満足な内容と世界観であったため、ダーク系を好む人にはぜひ読んでみてほしいです。

40代男性

何度もどんでん返しをする展開に読者は驚かされるでしょう。二重人格の主人公浦島エイジが、自分に別の人格があると知って驚きつつ事件の真相を探していくミステリー内容としては極上物です。冒頭の話で読者の自分がエイジの立場になって考えると20歳の男性でなくても自分の部屋に血の付いたバットがあれば驚きます。やばい何があったと考えてまずはテレビのニュースやyoutubeだけでなくWEBサイトで事件が調べますが正直、警察に出頭するのは難しいです。見どころとしても登場人物の裏の素顔が少しづつ明かされていきますが、まっとうな人物がいません。例えば桃井刑事は15年前から刑事をされていますが、一体何歳なんだろうと思わせる若さで登場し15年前のLL事件にかかわったのは意外でした。桃井刑事やその上司の猿渡刑事が、抱えている秘密を話していれば、LL事件は解決できなくてもエイジの父親は死なずに済んだろうしエイジもまっとうな人生を送れたので二人の罪は大罪だと思います。エイジを養子にしてくれた家族にも秘密があってエイジの父親が犯したとされる事件の真犯人の正体が明かされた時も「えっ、本当にそうなの」と思わずにはいられません。事件が複雑に絡み合い解けない紐の様になっていてるが、実際には一つになっいるストーリー構成で度肝を抜く内容です。

親愛なる僕へ殺意をこめてを1番安く読むならebookjapan

 
親愛なる僕へ殺意をこめての全巻を最安値で読む電子書籍サービスについて、お伝えしてきました。
 
「親愛なる僕へ殺意をこめて」を読むなら、オススメは、「ebookjapan」です。
 
世界最大級の電子書店で安心だし、何より、読みたい漫画が全部揃っています。また、キャンペーン中なので、初回登録で、70%OFFクーポンがもらえちゃいます!
 
キャンペーンは予告なく終了する可能性があるので、ご注意ください
 
オトクに利用するなら、今がチャンスなので、今すぐ利用してみてください。

結論
親愛なる僕へ殺意をこめてを読むなら
オススメは
「ebookjapan」
 
▼ 今すぐ1番お得に読む!! ▼

▲ 今なら70%OFFで読める! ▲
 
今なら、初回登録時にもらえる
70%OFFクーポンを使えば、
かなりお得に読むことがきます