37seconds

37 Seconds ポスターチャレンジ

障害のある人のアートを“仕事”につなげる、
エイブルアート・カンパニーと、
映画「37 セカンズ」ポスターチャレンジ企画が実現!
障害のあるアーティスト
(エイブルアート・カンパニー所属)が
映画にインスパイアされて制作し、
エントリーされた作品を公開!

その中から、HIKARI監督、主演の佳山明さん、
映画プロデューサーやエイブルアート・カンパニーさん、HABAさん皆様の審査により、
優秀作品が決定いたしました。
商品化作品もぜひチェックください。

応募作品一覧

  1. エイブルアート・カンパニー

    エイブルアート・カンパニーは、障害のある人がアートを仕事にできる環境をつくることを目的に設立されました。障害とアートを軸に活動してきた3つのNPOが共同で運営。
    障害のある人のアート(絵画・イラスト・書など)を、広告や商品のデザインに使用することを仲介し仕事につなげています。作品を商品化したり、デザインとして使える仕組みをつくることで、障害のある人のアートに簡単にアクセスできるようにする。障害のある人のあたらしい仕事をつくる。だれもが自分らしく生きていける社会を、アートやデザインを通して実現したいと考えています。

  2. ミナトマチファクトリー

    障がい者の仕事と雇用を創りだすためにオープンしたMINATOMACHI FACTORY(ミナトマチファクトリー)。ロゴマークの「N」が二重になっているのは、「みなとまち佐世保で、みんなとまち(社会)をつなげる役割を果たしていきたい」という想いを表現しています。 障がい、難病をもつ方々がクリエイターやデザイナーとして活躍し、商品の企画・開発から、デザイン、製造、販売まで一貫体制。 プロジェクトごとにチームが編成され、製品の売上げに応じて収入が得られる仕組みは、働く人のやりがいにもつながります。 また、プロジェクトをビジネス化することで、他者の雇用機会を生み出すことができるので、自ら仕事を創りだすことの喜びや、社会との関わりを実感できる仕組みとなっています。

  3. ハーバー研究所

    1983年の創業以来、防腐剤パラベン、石油系界面活性剤、合成香料、鉱物油、タール系色素は使用しない無添加主義®を貫いてきました。HABAは肌がもともと持っているきれいになろうとする力を引き出すためのシンプルスキンケア。メイクも自然の土、石、岩などを精製したミネラルカラー(無機顔料)のみを使用し、内側からのケアとしてサプリメントにもこだわっています。安全で高品質の商品をお届することによって、多くの方の美と健康を応援していきます。ハーバーでは、2007年10月より毎月発行するハーバー会員情報誌の表紙に、エイブルアート・カンパニーのアート作品を採用しています。

CLOSE
CLOSE
CLOSE

「月と夜と出会いの中で」

八木ひでとも

一人の少女が人と人との縁の中で、成長していく過程を絵で表しました。
「何もしない日常の中から抜け出し、空へと飛び立てるような…」そんな希望に溢れた冒険の始まりを描きました。